本文へスキップ

美容師 喜早純也 の個人メディアです。

TEL.03-5794-8072

東京都渋谷区恵比寿南1-16-12 ABCMAMIES 5F

恵比寿 代官山 カットが上手い美容室


「カットが上手い美容室をお探しの方へ!belog chez vousのカットを公開!」


今回はbelog chez vousでのカットの考えたについて、
どんな風に意識して切っているのかをお伝えしてみようと思います!

皆様に提供させていただいている匠な技術を、
スタッフの変身カットを、
説明を交えて送らせていただきたいと思いますのでぜひご覧ください。

第1回目はスタッフの柿沼さん

belog chez vousのカットは持ちがよく、扱いやすいのが特徴。

それは、骨格や髪質を見極めながら切ること。
いわゆる、素材に対応しながら切っていくことを大切にしているからです。

今回の柿沼さんは
4ヶ月前にカットし今はこの状態です




前回は、ボブベースにカットしてパーマをかけました。
髪が多く、ボリュームが出やすい柿沼さんも
骨格調整カットでスタイルシルエットはキープしています。

4ヶ月はあきすぎましたが、
美容師でもありますので、スタイリングによって
基本的にまとまっています。


そこで今回の柿沼さんからのご要望は

AKBの篠田さん風ショート


それでいて
大人っぽくておしゃれで、やり手に見えるようになりたいとのこと。

本人曰く、
「私は顔がでかいからショート似合わないですよね。。」
「私の頭はでかく、小さい感じにならないですよね。。」
「顔が下膨れだから顔出すと似合わないですよね。。」
「襟足に癖が強いから短くすると変になりますよね。。」

と悩み三昧。。


大丈夫ですよ!柿沼さん!

僕の手で
篠田さん風ショート
柿沼さんに似合うジャストのところで
切らせていただきます!


ショートといえば皆さんが不安に抱える
「顔が大きく見えそう」ってよく言われます。

確かに、ショートは
直接的に顔立ちにすごく影響します。

ショートが上手な美容師さんは
いろんな技術を要求されますよね。

ここで大切なのは素材を知ることです。

先ずは、柿沼さんのデメリットを把握しておきます。



@ほほが落ちて垂れ下がってる
年齢を重ねる事に落ちやすい場所ですが、柿沼さんはまだ20代ですから・・・輪郭が下膨れで悩んでいます。

A目下の頬骨の位置が高く、頬との距離によって縦に間延びしてしまっている
その間に凹みが生まれ顔がゆがんで大きく見えてしまいます。

Bパーツがすべて丸い印象
ホウレイ線も深いので疲れた印象になりやすいです。





それぞれの改善点として

@輪郭を引き上げるシルエット
輪郭をぼかす位置にカット

A顔が小さく見えるようにカット
軽さとシルエットのコントロールで顔を小さく見せます。

B透明感、元気のある雰囲気に改善

総合して、ちょっぴり大人で、「できる女。」
そんな柿沼さんにしてみたいと思います。

早速カットに入ります。



柿沼さんも悩んでいた襟足部分
女性に多い、すごく立ち上がりがある方。
この素材へのカットは、通常通り切ってしまうと一気に跳ね上がったり
ボリューム抑えようと、スキすぎて見栄えが悪くなったりします。

最終的には収まりよくしていくカットが必須になります。

それでは先ず、濡れてるときにベースを切っていきます。

今回は5センチほど切りますが、
このときのシルエットの作り方が重要になります。

そして、はさみを平行に入れていくことで、スピーディかつ
ダメージを生まないカット方法になります。



美容師側としては
ショートは悩みやすく
迷いやすいです。

しかし、どのことでも同じでしょうが
何度も同じところを切ったり
迷ったりしてしまうと
作品に力が生まれにくいと思います。

最初にイメージを持つこと
大切な部分は最後に仕上げること
このことで飛躍的にスピードも上がり
完成度も高くなります。

そしてロングに比べ
ショートや男性のカットは360度切りますので
比較的時間がかかりますから
より、意識高く切っていくことが要求されます。

ちなみに
ショートのベースカットは所要時間は5分くらいでしょうか。

――――

後ろが切り終わりました。


長さのバランスをとった感じです。

まだここでは、ボリューム調整も
襟足の処理もしていませんが

ボリュームの調整のため
襟足の調整のため
のカットはしっかりと内側に下準備してあります。

belog chez vousでのこだわりとして
ぬれた状態でのスキバサミ・ボリューム調整は絶対に行いません。

濡れているときのボリューム調整は時間の短縮化には役立ちますが…

たくさんの美容師さんもいますので
技術否定はこの場ではできませんが
職人としてこだわるならばの意見として、どうぞよろしくお願いします。

それでは
サイドのカットに入ります。



この角度の計算が、後のスタイルに影響していきます。

「小顔」や「かわいく」などいくつかキーワードはありますが
一番大切なのは
「似合うこと」

ショートは「似合うこと」が最大優先と思います。


ですから
ここがすごく大切な設定になります。


切っていくときは
指の角度と、頭の中に浮かんだデザインを常にリンクして
直線的でなく
円を描くイメージで切っていきます。
(女性は丸みがあり、直線的なラインは似合いにくいです。
綺麗なラインをこだわってしまう美容師さんが多いと思いますが
しなやかな動きでカットしていくことこそが、フィッティング力を生み
かつ持ちをよくしていきます。)


(指のフォームも綺麗でないといけません)


サイドが切り終わりました。




この時点では襟足に角が立っています。
この状態で終了すると、首が太く見え
セクシーさがなくなります。

後頭部のボリュームはコントロールされていますが
全体的にぼんやりした状態です。

そして
前髪と顔周り
このあたりも濡れてる状態では、6割程度しか切らずにおきます


ここで乾かしてみます。
柿沼さんの本来持ってるクセ・量・ボリュームが
自然な状態で出てきます。



皆様も日常は乾いた髪で過ごされていますので

この状態をよく知ってあげることが大切です。

このことからプロセスや
仕上げ時の注意点など把握して、必要であれば事前にお伝えしていきます。

それでは
カットの攻め方を再構築します。



この状態で大切なのは
ぬれてるときの印象より、はるかにバランスが崩れること。
癖が出ること。
ボリュームが変に出てしまうこと。
(骨格調整のため、崩れるように切っているのですが)

仮に、濡れてる時にボリュームコントロールしてしまう
(スキバサミを入れてしまうと)と
本来の形が見えてきません。

そのことが最も持ちを悪くしてしまう原因と考えています。

濡れてる時にしっかりと
完成のための下準備がしてあること
無駄な量調整はしないこと。

乾いたときの状態を知ってあげること。


濡れてる時に切るとは
いわゆる、木彫りでいう荒削りの状態。


切りすぎてないことは当たり前ですが
目的のためのベース作りが大切です。



そして、その素材とは・・・乾くと出てくる。


濡れてる時には出ていなかった
強い毛流れとクセ



襟足が浮きながら、かなり左によっています。


この部分を見た目上
綺麗に収まるように丁寧に処理します。





9割の仕上げで次に進みます

左によっているように見えていたのが
自然に束ができたように見えるカットをしました。


ここからのカットは
belog chez vousにしかできない企業秘密テクニックですので
この場ではお見せできませんが


一束ごと
クセと方向を見極めながら
カットしていきます。

僕自身が、誰もがスキバサミやレザーを使って軽くしていた時代
(19歳のときから)に独学で研究し今に至ります。

そして、
belog chez vousがこうして、
大きくなっている所以の最大点の技術です。


追求し続けた結果、どこにも負けない美容室に―

そうなっていくことが
皆様への約束でもありますよね。

おかげさまで、癖が強くて悩んでらっしゃる多くのお客様からの支持を受け
belog chez vousの基準となっているカット方法です。


でわ
顔周りに進行し
「似合わせの術」で素敵を生み始めます。



ここまでで9割ほどの完成と




襟足の収まりが終了しました。

下の写真は、ただ乾かしてあるだけの状態です。
頭が小さくまとまり始めました。



belog chez vousのカットは
ブローしなくてもまとまりやすいのは
このテクニックだからです。

ここからが一番大切な
顔周りです。

もうすでに、少しベースはできていますが

「この子に似合う場所」
いわゆる
コンプレックスを解消する。

このことに集中し
細かくカットしていきます。


ここからのカットも
企業秘密ですので割愛させていただきます。

出来上がりました!


かなり切りましたが


長さに関係なく
カット時間はトータル15分くらいで終了です。

それではお披露目。
先ずは後ろから↓



クセや髪の硬さを感じさせない
やわらかいボリュームと
首が細く長く見える毛先のタッチ。

そしてどこに動いてもまとまります。


それでは、
正面からの柿沼さん

少しクールなテイストに仕上げました。



もう一枚
ちょっとソフトな雰囲気に前髪を厚くしてみました





僕はこの感じが
かきちゃんぽくて好きかな↓




美容の可能性は無限ですが
技術は有限です。

いかに、無限の可能性に向き合い続け
そして、無限の力に近づけるか…

美容師に持たされた使命ですね。


コンプレックスや
苦手を克服してあげてこそ
より楽しめることができるヘアライフ

belog chez vousでは
どんなスタイルにも
「美しき無限の可能性」をご提供していきます。


第二回をお楽しみにしてください!

LINE@もぜひご登録を!
 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
 
アメブロも日々更新中! 
 



 







   
   






















ー プロフィール ー

1977年生まれ 喜早 純也 belog chez vous代表。
2008年よりbelog を設立。2013年にはbelog chez vousの名で拡張リニューアル。
代官山・恵比寿においてトップサロンとして牽引中。
撮影からサロンプロデュース、シャンプー&トリートメント製作、へカタログ出版、教育、美容師としてもコンテストなど数々の名誉を受賞し、あらゆるジャンルをマルチにこなす。サロンホームページ、こちらのホームページもすべて自己プロデュースで製作。 
自分の声と自作のみで表現することに徹底し、お客様に「正直な生の声」として信頼をいただけることに努力しています。
技術では一人一人の髪質や骨格、ライフスタイルに合わせた独自のオートクチュールカットで、出会えた全てのお客様に満足と発見をお約束するスペシャルスタイリストです。





SALON imformation

■第2・第4 火曜定休■
(年末年始・研修等で変動する月もございます)

 火曜〜金曜日 12:00〜22:00 (最終受付20:30)
 土・日曜日  10:00〜21:00 (最終受付19:30)
 月曜日・祝日 11:00〜17:30 (最終受付16:30)
 ※喜早の休みは基本的に水曜日となっております。

 サロンホームページ
 PCサイト
 プライス&アクセス
 スタッフ&ブログ
 

 TEL.03-5794-8072
 〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-16-12
 ABC.MAMIES 5F
 mail@hair-belog.com