本文へスキップ

美容師 喜早純也 の個人メディアです。

TEL.03-5794-8072

東京都渋谷区恵比寿南1-16-12 ABCMAMIES 5F

belog chez vous 喜早の白髪について語る @


「白髪染めの方法はカラーだけではないです」



ご覧いただきありがとうございます。

白髪の存在、、悩む種の一つですよね。。

白髪の生え方にも年齢や個人差もありますし、白髪が生えるメカニズムは「解明されていない」とまで言われるほど不可解なことも多いらしいです。

毛髪科学的な話はそれなりにできますが、僕自身が研究者でもないので正直深いところまではよく解りません。 どこかで見て勉強した内容と、サロンにおける実感や実体験を踏まえた自説で語らせていただいています。

ですので、白髪の仕組み的なアプローチより、白髪とどう付き合っていく方法があるのか?
美容師喜早目線でのアプローチをしていきたいと思います。


お客様から多いご質問に

Q:気になり始めた数本の白髪、抜くとか切るとか染めるとか・・・
どうしたらいいですか?

答えとしては

A:抜くのだけはやめましょう!!

これです。 抜いていいことありません!

簡潔に言えば、
目立つのはどこ? ⇒ 頭頂部が特に ⇒ 抜くほどに頭頂部だから薄くなる

薄くなることにも原因はさまざまですが、抜いてしまえば減ってしまいます!
そしてその毛穴は塞がりやすくなります!!
原理は割愛させていただきますが、とにかく余計な刺激になるので
未来のためにもお控えください!
美容師は、皆様に髪があってこその存在です!!!!!!(切実!!)


とは言え気になるものはしょうがない、、、そんなに急には悪影響無いので百歩譲って抜くのも良しとしましょう。

でも、抜く行為にはもう一つ悪夢が潜んでいます。

これは僕だけが発見したことかもしれません。

ググってもそんな言葉は無いかとは思います。

来年の流行語になるかもしれない新用語です。
いきます。悪夢その2

白髪じわ


これです。。。


僕のオデコで実証します。

頭頂部、もしくはフェイスライン、白髪が気になるなーと思って一生懸命探して抜くことにします。
僕の視力は1.5 よく見えてます。 
そんな僕が自分の白髪を探します。 探して探して・・・
探してる間ずっと・・・

この状態!!!!





あれれのれ〜〜〜〜






パパの出来上がりです。。





多くのスポーツ選手が実年齢よりも年上に感じるのは、常に上目使いをしがちなスポーツだからもあるらしく
サッカーもボクシングもバレーもボールなどを追いかける時、自然と上目使いになってしまうからだそうです。

気を付けてください!!

白髪を探している時間=しわが深く残りやすくなります!

白髪かくしてシワ隠さず。。

う〜〜ん
残酷!!
八方塞がり!!!

しかし、気になるものですからね。。

出来れば切りましょう!
素早く切りましょう!
しわが増える前に
美容室でも切ってもらいましょう!
僕も数本なら常に切らせていただいています!


次によくあるご質問が

Q:ヘアカラーって、頭皮、髪に対する影響ありそうで抵抗あるのですが・・・


確かに気になりますよね…

カラーによるトラブルもたくさん報告されています
http://kisou.hair-belog.com/0blog/0blog151028jk.html
頭皮に不安のある方にはぜひ読んでいただきたい記事です。


僕としての答えは

A:美容師さんとご相談ください!!!


しっかり染めるにはカラーリングが必要になりますし、明るく染めるにも必要になります。
必ずしもアレルギーの反応がでないとは言えないですから、しっかりと知識のある美容師にご相談されることをおススメします!!

ちなみに、belog chez vousでは業界一低刺激と言われているカラー剤を選択しています。

こちらの記事も参考にしてください!↓
一部抜粋





髪への負担も激減されているカラー剤の選択でお客様には大変好評を得ています。

それでも気になるという方へは、マニュキュアをおススメしています。

最近のマニュキュアはかなり進化していまして、以前より吸着性が優れてきたようになりました!

白い毛に対してそのまま付着させるマニュキュアは、
基本的に頭皮への負担はゼロ、毛髪にも刺激はありません!

マニュキュアの難点としては、

・カラー剤の方がしっかり染まる。
・黒髪の部分を明るくできない。
・少し浮いた感じがする。
・根本数ミリは染めにくい。

カラー剤とマニュキュアでは効能効果の在り方が違いますので
それぞれの特徴としてどちらにも良し悪しありますが、
カラー剤の方が染める力があります

最近では、2回に一度、3回に一度、マニュキュアを挟まれている方も増えてきました。
マニュキュアのみの方もたくさんいらっしゃいます。
暗めのカラーでマニュキュアでも対応できやすい髪質の方にはなりますが、
カラー剤に対して抵抗がある方にはおすすめです!

その対応のために

吸着率の良いマニュキュアを用意
刺激の一番少ないカラー剤を用意

そして
色彩知識と塗布テクニック

そして毛髪科学。

これらをしっかりと準備してお迎えしていく事!
belog chez vousでは心得ていきます!



Q:市販のカラーはどうですか?

これもたまに聞かれます。

美容師側としては

A:「絶対に良くない!!」

と思っています。

まず、市販のカラーで染めた髪と、belog chez vousで染めている髪とでは質感が全然違います。
先ほどの薬剤のこだわりと塗布のこだわりによるものですが。
結果として

・髪色が下品になりやすい。
・コンディションがひどくなる。
・発色が強すぎて違和感。
・特に泡カラーなどの全体に塗ってしまうものは、無駄な個所にまで塗ってしまい、オーバーダメージや色素沈着がムラムラになる。
・結果、パーマをかけるとチリチリになる

デザイナー側としては気になってしまう部分ですよね。。。
単純に、素材悪化が原因でデザインの幅が狭くなることが嫌なんですよね。。
ショートの方などはまだよろしいのですが、肩につくくらいだとかなり影響します。


とは言え、気になりますよね・・・

念のため、それに対応したパーマ剤も用意してますので
ご安心していただきたいのですが…

かなりの可能性で髪がチリ付きます!

市販のカラー剤とパーマ剤の併用が一番危険です!!


それでも気になります。
パーマかけてない方、傷みたくない方にヒットしやすいのが

お風呂で染まるトリートメントカラー系!!!

これ更によくないです!!

お風呂場でカラートリートメントで染めようとします。
根元の白髪に少しなりとも吸着しますが・・・ さほどしっかり染まりません!

白髪は根本が気になります(根元から生えてきます)から
美容室のように根元のみに付着させないと、毛先ばかりに薬が重なって暗くなります!!
手軽なものほど毛先に付着します!!
市販のカラー剤や泡カラーも同じく手軽なものほど危険です!!

カラーは毛先に付着させてはだめです!!!!

根元よりも浸透率が高いのと
根元染まらずでデザイン的にもへんてこになりがちです!!

そしてそして!!
その薬品の成分次第では、緑色に変色したり、髪の内部で爆発が起きるきっかけも生まれます!!
ネットで検索されるとたくさん出てきます。





以前に書かせていただいたブログもご参考に↓
http://ameblo.jp/hair-luxe-belog/entry-11918427048.html

見えてないところで大変な事故が起きているのですよね。。

やはり美容室の安定感に勝るものは無し。(サロンによりますが)
と言えるところですが

サロンの方がいいとわかっていても
どうしても、どうしても染めたい場合の対処法として

ご自宅でされるなら

「二浴式クリームタイプのヘアカラー」を
分け目の2センチ以内のみに刷毛で塗布!!
放置時間も既定の半分(10分くらいでオッケー!!


色はアッシュやレッドなどと欲張らずに
「ナチュラルブラウン」一本釣り!!

市販は色選びが重要です!!
ブラックはNG!
濃すぎて今後の操作は難しくなります。

もしもの時、ご相談もお受けします!
LINE@に送って頂くのもありです!
http://kisou.hair-belog.com/line.html

喜早純也↓
'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
(↑ご相談窓口!!!)


自宅で2回続けて染められる前に、必ずサロンで全体を染められることをおススメします!!


白髪を隠そうとしすぎないでデザイニングしていける方法もあります。
高橋店長に施しているのもそれです。(まだ数本しかないのですが)

髪質、髪型、ライフスタイルによるのですが
「白髪はデザインとして見せてしまう」
こういったデザインチューニングの後押しもご提案できますので
是非ご相談の方はお伝えください!



ちょっと話はそれますが、

お客様と髪形のお話しする際に
「髪を作るのは二人三脚であります^^」とお伝えすることがよくあるのですが、

例えばこんなスタイル↓




ヘアスタイルの再現性とは、カットやパーマによって再現をしやすくはなっていますが、それを最終的に仕上げるのは、ご自宅にてご自身でスタイリングしてこその再現になります。

「簡単でまとまり、そして持ちが良く」 これは自分たちが常にご提供させていただいているテーマですので、ぜひスタイリングの応援をさせていただけたらと思います!

そしてこれまた時代性の傾向ですが、
「スタイリング力 アレンジ力」
この点に関しましては、40代以上の方の方が若手の子より上です。

40の方は、過去に必死でブローなどのスタイリングされていた経験をお持ちなところ、
まだ当時はカットが成熟していないからこそ、自宅でのブローが必須でしたから、その身に付いたアドバンテージは若手の子より上回っています。

お若い世代はそろばん使えない、暗算できない、
と、これに似たところで、
ブラシ使えない、ホットカーラ使えない。
内巻きにできない。
きちんとまとめられない。

う〜〜ん
時代性なんですよね〜〜

アラフォー世代になると、白髪が気になってくる世代ではありますが
若い子にはない過去のスタイリングの腕!実績!手間!
これがあります!

今一度、それを少し活用されては??と思います。

ホットカーラ―二個、時間にして1〜2分
その手間一つで劇的に差をつけられる時代です!
(カット技術が向上しましたから)

ご自身のヘアスタイルのやり方を知らなくなっている傾向もありますので
ぜひぜひご相談ください!

皆さんの素敵の後押しのためにこんなことも開催しています。
ぜひご利用ください!

スタイリング勉強会http://hair-belog.com/14stylingcv.html

話はそれましたが、

「ヘアスタイルは二人三脚で作り上げるもの」

自宅でのホームカラーなどのコンディション悪化への対応、
そして家でのスタイリング!
二人三脚で作っていきましょう!


最後になりますが、自宅でのケア、染め方、スタイリングそして前髪カットの仕方もご教授させていただいています!

是非、ご相談ください!
しっかりとサポートさせていただきたいと思っています!



LINE@もぜひご登録を!
 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
 
アメブロも日々更新中! 
 











   
   






















ー プロフィール ー

1977年生まれ 喜早 純也 belog chez vous代表。
2008年よりbelog を設立。2013年にはbelog chez vousの名で拡張リニューアル。
代官山・恵比寿においてトップサロンとして牽引中。
撮影からサロンプロデュース、シャンプー&トリートメント製作、へカタログ出版、教育、美容師としてもコンテストなど数々の名誉を受賞し、あらゆるジャンルをマルチにこなす。サロンホームページ、こちらのホームページもすべて自己プロデュースで製作。 
自分の声と自作のみで表現することに徹底し、お客様に「正直な生の声」として信頼をいただけることに努力しています。
技術では一人一人の髪質や骨格、ライフスタイルに合わせた独自のオートクチュールカットで、出会えた全てのお客様に満足と発見をお約束するスペシャルスタイリストです。




SALON imformation

■年中無休■

 火曜〜金曜日 12:00〜22:00 (最終受付20:30)
 土・日曜日  10:00〜21:00 (最終受付19:30)
 月曜日・祝日 11:00〜17:30 (最終受付16:30)
 ※喜早の休みは基本的に水曜日となっております。

 サロンホームページ
 PCサイト
 プライス&アクセス
 スタッフ&ブログ
 

 TEL.03-5794-8072
 〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-16−12
 ABCMAMIES 5F
 mail@hair-belog.com