本文へスキップ

「前髪の割れ」と「くせ」をカットで改善できる美容師

TEL.03-5794-8072

東京都渋谷区恵比寿南1-16-12 ABCMAMIES 5F

美容室の明るい未来を切り開くための経営を考える

 


2016.07.06
「美容室の明るい未来を切り開くための経営を考える」


先日、美容室の未来予想図としてのブログを書いたところ

こちらがその記事

その続きの記事はこちら

各方面から様々にご意見いただきました!


皆様には共感を得てくださっている傾向でしたので
なおさらそういった未来が自然と訪れていくのかな?


未来予想に確信を感じてみたりしています。

美容室の経営をしているからこそ、美容室メインの話ではありますが
「人が商品」であるこの職種だからこそ、各職種の未来にも同じくシンクロしていくのでは?
とも思っています。


そんなわけで、

僕の描く未来に必要とされているであろうキーワードとは


一人一人のスタッフには個性があり目標も様々。
それを会社側が個々のレベルで理解し、目標を到達させてあげられる会社であり、
スタッフはそれを到達するための術として社長を必要とし、それに全力で応えられる社長であり続けてあげる事!


会社とはチームであるからこそ、個々の成長をどれだけ伸ばしていく事ができるか?
単純な答えですがそのやり方が時代とともに変わっていくと考えています。


チーム力こそが未来を明るくしていく術



社長自身がスタッフ一人一人と並走してあげられる能力を持ち
その質が高い社長こそが競争社会の中で一つ抜き出た会社へと導くと考えています。

逆説的な考えで言いますと

「お手本となる存在になれていない社長の会社はいずれ空中分解していく」

特に僕たちのような職人である業種は、社長の事が尊敬できなくなると外に出ていく傾向にあります。

とはいえ、
社長の絶対権力主義で舵取りをしていても空中分解は起きやすくなります。

いわゆるカリスマ時代の時などはその傾向にあったと思いますし、ワンマンの会社は歪も生まれやすくなります。

ここのバランスが難しいところで

・社長にカリスマが無いとついていかない
・社長がワンマンすぎてもついていかない



現代はそれらのバランスをよく読み取らなければならない時代で
社員全員がそれぞれに魅力を持ちあい、
自分達の魅力や能力をより一層引き出される環境を作りあうことが何よりも大事であって
その基盤となるのが「社長自身の絶対なる能力」
これが重要だと思っています!

今回の記事は
そんな事を紐解きながら具体的に語ってみたいと思います!


チーム力タイプか?経営力タイプか?


「経営」 これにまつわる情報は今も昔もあふれていて
誰もが勝ち抜くための情報とも言えますよね。

と、経営の話をしてみるものの、意外と経営の本を僕は読むことがなく

理由としては

多くの方と同じ情報を手にする事により、読むほどに後手になりやすく、
鮮度の無い情報を追いかけていく事になるからです。

経営に関しては

社会の流れに対して自分が一番嗅覚を持つこと!

これこそがまず大事な勝法だと思っています!

現場にて感じているだけでは足りず、様々なところに足を運び生の意見を聞き、未来を予測しながら現場を調整していく事。

―今は良くても未来が良いかは誰にもわからない―

生の声などの信憑性もロジカルに整理し

未来のために今をどのようにジャッジして過ごしていくのか?

それを嗅ぎ当てるにはとても必要な嗅覚と思っています。

直接サロンには関係は無いのですが
先日のEUのお話しも数年前から生の声として耳に入っていました。

その時に伺った理由もなるほどと思えることでしたので
今このような現状になっていくのも想像できていたわけです。

あくまでも僕の嗅覚としてですが、
美容業界の流れ的な事も10年くらい前から予測したうえで活動し
今の状態をベストとして進んでいる感じです。


世の中の成功されている会社の経営手段には
大きく分けて二つあるかと思います。

「チーム力強化タイプ」

「組織や業務の簡略化タイプ」


そこには技術的な満足度があってこそですが
経営的な成果をもたらすための手段としてよくある手法ですよね。

これはこの先も変わらず勝ちパターンとして成り立っていくように思っています。


しかしながら、勝ちパターンを真似しようとし情報を追いかけていったとしても
ブルーオーシャンからレッドオーシャンに変わっていくスピードは想像を超えた早さですし
良い商品、良い技術、良いサービス、その競争の激化はますます差が出ていくのも必然です。

特に経営の勝負のカギを握っているのは「人の力」
ボトルネックになってくるのも人の力によることが多いです。

どう人を育てるのか?

この事に関してもたくさんの書物が出ていると思いますし
それもまた皆さんご存知だとは思うのですが

僕が思っている未来のための「人の育て方」に対して持論を語ってみたいと思います!



僕の考える人の育て方



消費者の良いもの思考に時代が進むほどに
ベテランと新米の消費者に応えられる差は露骨に表れていきますよね。

そこの人の差を埋める方法には二択あると思うのですが

一つは
・新人でも高いレベルを提供できるシステムを作る
(組織や業務の簡略化タイプ)

もう一つは
・ベテランに等しいレベルにまでスピーディに育て上げる
(チーム力強化タイプ)


前者の方が即利益につながりやすく、企業努力として求められてる成果でありますから超重要な項目ではあります。

しかし、ここには大きな落とし穴が存在していて

新人でもすぐに高いレベルを提供できるがゆえに
いずれは誰にでもそれが可能となってしまうことです。



チェーン展開されている企業の多くは、そのサービス提供の一律化のために
ある一定のラインを定め、それに見合う価格と価値とのバランスで成り立っていますよね。

もちろんその背景にはとてつもない企業努力が隠されているかもしれませんが、職人としてお客様の前に立っている技術者に求められているハードルは
「一律化された定め」に満たしていれば提供できていくわけですから、その取り組みへの熱意に関してはご想像通りだと思います。

たとえそれがブランド力を持っていたとしても常に危うさは隣り合わせです。

高級ホテルの料理と
個人店の料理

その二つの違いにも同じことが言えます。



これからの未来に対して思う前者の危険性は

会社が定めたラインが先にあってこそ成り立っている事。

数多くのスタッフがある一定の成果を目指すとなるとシステムは自由度を失いやすく、効率化こそが成果への近道となりやすいため
そのシステムは解りやすい形を表すことになります。

解りやすいシステム化になるほどに真似されやすく
さらにライバル会社も増えやすくなります。

チーム力を上げたくても経営意識(経営力主体)が中心で進んでいかなくてはいけません。

意見を聞いていくよりも、効率的なシステムを生み出していく方が成果にリーチしやすいからです。


低価格サロンなどの競争も如実に現れています。

僕のお店は低価格サロンではないため、
正直なところその価値には身を置くことは無いのですが

働き方としての選択には有りだとは思っています。

しかし、一度そうなったら大変だろうなと…

価格競争の中で買っていくには先ほどの「システム」が勝負のカギになります。

顧客の満足度を上げていくシステム

どこよりもラグジュアリーなお店
どこよりも立地の良い場所
どこよりも良い広告
どこよりもリーズナブル
どこよりも優遇面を強化してスタッフを集める


その競争の中での勝敗のカギは”顧客の望む条件”が重要になりやすいですよね。

顧客満足度を得るための努力には、そういった目に見えやすい投資の方が即効を得やすいですが

やはり、美容とは「人が商品」

そうなるほどに「スタッフ教育」が追い付いていかないことが多々あります。

とは言えここにも良さもあって

教育!! 教育!! 
と鼻息荒くスタッフ教育に熱が入りすぎるとスタッフが嫌がり会社を離れることも多くありますから
「スタッフ教育をしない」
このスタンスも成功のシステムの一つとも言えます

特に、中途採用がほとんどのチェーン店においては、技術の再教育なんて無理に等しいですから… スタッフ教育をしないのは必然とも言えます。

完全歩合制を存分に活かせる業種だからこそ、やればやるだけ利益を得ていくシステムが流行しているのですね。

スタッフもうるさく言われない分「働きやすい場所」ともなっていきますし、就業満足度も上がります!

スタッフ確保には働きやすさが重要なだけに歩合などの優遇度合いも過熱しますし
こういった経営主体の美容室、低価格競争の美容室は”人材とり合戦”に熾烈な争いです。

その競争に巻き込まれるほどに経営の舵は常に荒波で、

ブルーオーシャンやレッドオーシャンにアンテナを向け続け、

その対応のために社員への優遇基準も変わらざるを得なかったり、

経営主体となっていく事で、スタッフも他社と待遇を比べはじめますし、

「会社愛」よりも「環境愛」ばかりになり、

美容師としての本質もずれてしまい

努力のやり方が見えなくなり未来を危うくしていく。

その結果、社員を路頭に迷わせることも多くなると言われています。


人とり合戦に巻き込まれた末どうなっていくのか?

美容師は40過ぎたら需要が一気に減りやすくなりますからね。。。
60歳になればなおさら。。。
悲しき現実は必ず来ます。。。

少なくとも確定された定めのようなものととらえる方が良いと思います。



まとめますと
簡単に、一定の質を提供できるシステムを組んだとしても、
簡単に提供できていくシステムだからこそすぐに他社に真似をされ、独自のオリジナリティもなく淘汰されやすくなっていくということです。

簡単化を目指しすぎる傾向にある現代こそ
複雑化を仕組みに入れていく事も必要と僕は考えています。




二つ目の
・ベテランに等しいレベルにスピーディに育て上げる

前者よりもはるかに難しい難題です。
まず、この成果を出していくための方程式として

ベテランと言われている者のレベルが誰もが認める高い質である事が必須。

ここがまず届いていない限り、ベテランという存在は新米の指針にすらならないわけです。

簡単に言えば
・売れているスタイリストのいないサロンに教育の指導ができるのか?

・おいしくない料理屋で勤めながら、それ以上の料理が学べるのか?

・そのスポーツの経験もなく技術もない監督に優勝に導くことはできるのか?


こういった点が問題になりますよね。

もちろん特例はたくさんあります。

自分で言うのもなんですが、過去振り返ってみても環境以上のトレーニングをし、
自らが学ぶ姿勢一つで先輩の技術以上のことを常に更新してきました。

21歳の時には講師までしてしまっていましたから…
(会社での自分の立ち位置に悩まされていましたが(汗)

と、環境には関係なく、本人次第でいくらでも超えていけるのも事実です。

が、なかなか現実的ではないですよね。

やはりサロン内に素晴らしいプレイヤーがいてこそ後輩たちは育ちやすいですし、
僕も身近に憧れを抱きながら成長してみたかったなとも感じます。

だからこそ会社として経営力になるのは人の持つマンパワー!
ベテランに等しいレベルにスピーディに育て上げる為には
経営主体ではなく個人の能力を高めていく事を主体とした組織づくり。

ベテランと呼ばれるレベルの質が顧客に認められるものであり
尚且つ、そのベテランの質のレベルに新米をスピーディに育て上げること。

それは即ち、
ベテランの質に対するハードルは上げ続けながらも新米をそれに追いつかせるためのシステムを作り上げることこそが、これからの未来を先導していくために必須な取りくみととらえています。



ここまでは僕としては10年前から取り組んできている事柄で、特に珍しくもないよく聞く話だと思います。

とは言えそれを実行していくのもなかなかの苦難でしたし、日々試行錯誤しながらここまでやってきました。

ある一定の成果は出せている反面、まだまだそのシステムには改善していく必要があります。

というか
目指している目標にはまだまだ届いていない現状です。

僕個人としてはこの難題に取り組んでいるのですが
今後さらに必要な「人の力」を引き出していく方法として

3つ目の取り組みこそがさらなる新しい時代の先導者となっていくと思っています。

僕が思う
これからの未来を生き抜いていける会社づくりのために最も重要な事は

・循環力のある会社づくり

先ほどの簡略化されシステムを作り経営力主体での運営も確かに大事です。
ベテランのレベルに追いつかせていく教育システムもさらに向上していかなくてはいけません。

それらすべてをやりこなし
更なる会社へと発展していくには「循環力を持った会社」を作り上げていく事だと思っています。

僕の思う
循環力とは何か?

それは、こういった技術職にありがちなトップ絶対思考を廃止していく事です。↓


(教育やコミュニケーションの流れがピラミッド式になっていること)


元々僕は店長時代も含め、10年間このピラミッド式のようなシステムを反対としながら運営しています。

今では誰もが立ち位置に関係なく意見を言い合えるような環境になっています。

新人から店長までそれぞれに特性をいかした役職を与えていますので
会社においてもその役割はその子が責任持つ。

それぞれにリーダー職を持たせながら会社のマトリックスを大きくさせています。

そこから一人一人の価値が生まれ
ワンフォアオールの気持ちにもなりやすいと思っています。

他にも、売り上げなどの数字的な成果に対しては可能な限り平均化を目指しています。

誰が入客させていただいても同じ成果を出せる仕組みを作っています。

もちろんそこには個性があり性別もありますので、その一人一人の特性を見極めたうえでその子が成果になるための事にリーチしていくイメージです。



このシステムには様々にプラスの成果があり、
優越が極端に生まれない事で意見の幅が広がり、風通しも良くなりお客様の声も伝わりやすくなっています!

他にも
例えば何かしらの事情で一人が欠けたとしても会社としてのパワーは衰えないようになっています。

よくある美容室の体制では、
売り上げの高かったスタイリストが退社することによって一気に会社が衰退していく事がよくあります。

存在感としてもそうです。
全てを一人に任せてしまったが故に、その重要人物が退社する事で経営が急激に悪化してしまうことが多々あります。

そういった事故を避けていくためにも、それぞれがバランスよく責務を持ちあうこと
とても難しい取り組みですがそこを達成している会社だと自負しております。


とはいえデメリットもあります。

上下関係を持ちたい上司にとっては苛立ちも生みやすくなると思います。


僕たちは長年この体制を続けていったからこそ

「自分の時もそうしてもらえた」

と自分の過去にも先輩の寛大さを思い出し、尊敬の念を持ち
それが後輩へも寛大な気持ちで接することになっていきます。

ご存知のように
社長が新人一年生に遊びに誘われるようなサロンはめちゃくちゃ稀な環境と思いますし、一緒にいてもどんどん突っ込んできます(笑)

その中でもダメなことをしたらマナーなどの説教なりをしますが、そういったのも含めて心を通わせやすい間柄である事はとても重要なことだと思っています。


循環力のある会社とは?


そんなわけで
今一番重要にしている循環力のある会社づくりとは

冒頭で掲げた

一人一人のスタッフには個性があり目標も様々。
それを会社側が個々のレベルで理解し、目標を到達させてあげられる会社であり、
スタッフはそれを到達するための術として社長を必要とし、それに全力で応えられる社長であり続けてあげる事!


図に書くとこのようなイメージです↓



図のようなイメージで横つながりを大切にし合っていく事。

その中心にいるのは僕になるのですが

これからの未来を生き抜くためには
社長としての「立場」では無く
社長としての「役割」を果たさないといけません!

・僕自身が一人一人に意見を聞いてあげられるようにしていく事

・チームとして僕に意見を言えるようにしてあげる事

・僕自身に直接意見や指導を求められる関係にある事



風通しの良い会社にしていくためには
最高責任者である社長に意見が直接届いていく事が最善ですし

また
その意見をくみ取りながら、責任を持った指針の旗を掲げていくのも社長の手腕となります。



その為にどのように活動していけばいいか?

長くなりましたが、ここからが本題のようなものです!

誰もが理想論は掲げますが、それはとてつもなく大変なことであります。


そもそも社長自身が絶大なる信頼をもたれる行動と言動をしていなくてはいけません!

隙の無い人間はいないのかもしれませんが
会社においては誰もが完ぺきと思える振る舞いを達成してこそ
社長としての信頼を与え、未来の可能性を感じさせることになります。

「あーこの人に言っても無駄だよな。。」

と思われているようでは未来はありません!
嫌われているならまだしも、能力として下に見られているようでは

「社長の技術職者としての努力が足りない!!」

その一言に尽きます。

会社は絶対に家族ではないのです。
だから親父でもないのです。

社員の未来を背負うリーダーですから
成功の背中や技能の質、人柄、そのことが社員の目指したくなる場所となるのです。

見下されている社長は、即刻に日々の振る舞いを見直し、
一刻も早く改善しましょう!

社長が世界一努力する!!
そんな気構えを見せていく事!!

しかしそれをスタッフに強要するのではなく、単純に可能性を感じさせていく事が必要なのです!

「あーすればやれるようになるんだ!」

この声ほど会社のエネルギーになることはありません!

夢と希望

それはどんなにミニマムなことでも実感させていく事なのです!

誰にでも可能性はあるのです。

ご覧になってくださっている社長様、
もしも今いろんなことで苦悩があるとしたら
もっとご自身の可能性を開花していく事に努めてみましょう!


そんなわけで僕はこんなことを取組んでいます!

循環力のある会社を作るためにしていること


技術指導に当たっては

・毎週月曜日には6時間の勉強会の実施。

・毎日3時間は自主練。

・毎日ラインなどで知るべきニュースやアドバイスなどを発信

・技術指導は全員の前で公表していく


やりがいに対しては

・モデル料金や自己集客に対しては歩合で70%支給

・成果を上げた活動にはお手本としてリーダーになってもらう



まずはこの点について解説しますと

月曜日には徹底的に技術的なことを詰め込みます。
平日の朝練でアウトプットをさせて月曜に学んだ成果を発揮していきます。

この辺りは特に特別なことでもないと思いますが、そこの質は常に向上し
「お客様目線」「スタッフ目線」この二つを絡みわせていく事を重視しています。

誰がどのことをし、どのように指摘され、どのように改善していったのか?

それがわかるシステムにするために
ラインをフル活用しています!


スタッフそれぞれが今日行った技術を公開し
それに対して僕からの指導や、みんなで指摘しあう。



ブログの内容に対しても誤字脱字を見つけてあげたり
言い回しがわかりにくいところは補助してあげたりと

チームだからこそのメリットを存分に活かしています!


コミュニケーションもそう
情報発信や面白話、個人の予約の伝達、店内の気になったところの共有、
お客様の施術データ感じたことなど
夜の反省会も全てラインで行います!



みんな手が空けば活用しまくるので超活発です!

僕などはみんなのことを見てあげているので
多い時で原稿用紙50枚くらいの文字を打ってる時もあるほどです。

こんな感じで技術向上などの共有をしやすくし
そこでの妙なプライドが生まれないような風通しの良い形を実現しています!

全員が会社の住宅手当によって恵比寿に住んでいるのもあり
通勤に対するストレスは一律となっております。

ここまでは、まだ他店でもありえるレベルかもしれませんが??
(たぶんないだろうな・・・^)


より親密な関係となるほどに意見は聞こえてくるものですから
やはり、生の時間の使い方が重要で
どこのサロンよりもスタッフ間のコミュニケーションが豊富です!

コミュニケーションのために
それぞれ月に一度はイベントを作り一緒に実行している感じです!

僕らはその活動を「部活」と呼んでいます!

今現在あるのは
・ゴルフ部 ・筋トレ部 ・登山部 ・バドミントン部 ・卓球部 ・ビリヤード部 
・バスケット部 ・旅行部 ・撮影部


この部活動の全てに僕は参加しているのですが

スタッフが今一番やりたいことに付き合ってあげるのです!
(めちゃくちゃ大変ですからね)


昔はどこの会社も嫌でも飲み会に参加させ、ビールを無理してでも飲み、
大変な思いをさせていたのかもしれませんが

その場で無理やりにでも仕事の話をインプットし、
マナーもインプットしたりと、
なんだかんだと身につくべきことが身につき、成果にも表れやすくなり、関係も深まっていたわけです。

こういった過去の体制に対する善し悪しはよくささやかれている事柄ですが

僕としては、そういった体育会系的なしきたりはとても重要だと思っていますし
とても勉強になった時間でした。

しかし
今の時代の子達は飲む事自体も強くないですし、
また、そういった体制を嫌い、挙句にはパワハラのような扱いを受けてしまいがちです。。

かといって
インプット&アウトプットの関係がなくなるとお客様への質に多大な影響を与えていく事にもなります。

どうすればよいコミュニケーションの場を作れるのか?

そこで考えたのが部活です。

運動以外にもショッピングもカフェもすべてが部活動です。

それ全てが彼らがやりたいことから始まりますので、彼らには全くストレスもなく
むしろその日をいつも待ち遠しくなっている様子です。

その彼らの望むコミュニケーションの形にすべて参加する!

いや
むしろ、参加するのではなく
その部活に必要とされていく事が重要なのです!

それは楽しいからであることが必須で
どんな活動にも全力で楽しませていく事が求められます。

そうすることで信頼と親しみがわき
部活を通して美容や仕事に置き換えて話してあげる事ができます。

運動系ならば運動を通してフォームの大切さを教えます!
筋トレならば見た目の重要さを教えます!
ショッピングなら経済の事を教えられます!
旅ならば人と触れ、接客などの見直しを客観視させることができます!
登山ならば、仲間と助け合うことを学べます!

どこに行くにしてもそこの場所まではトークが生まれ、今していることや相談など、気軽に話せる空間になります!

そして、自分の好きなことに打ち込むことでそのスキルがあがり、自信がついてきます!


そして、どの分野においてもお客様や友達、ブログなどで
アウトプットする力を身につけさせられます!


もっと良いことがたくさん生まれますが
僕としては想像を超えるほど大変です。

「大変ですよ!」アピールはダサいものですが

大変なことを挑んでるからこそ未来は必ず開かれていく!!

と叫ばせていただきます!

未来自分たちの姿を見てくださったときに
もしも成果を上げていることができていたら
今日この事を伝えていたことが参考になっていけたらなと思います。


ちなみに、すべて参加すると言っても休みの日を増やすわけにはいかないので
朝の時間と夜の時間、そして自分の定休を使ってこなしている感じです!


例えばこの一月の僕の過ごし方を見てみると↓


月曜日  
登山部! 往復7時間半の過酷な山!(その時のブログ)



AM 5時~PM 5時まで登山活動し、お店に戻りPM11:30 まで勉強会!





火曜日
撮影部! AM 8時からヘアスタイルの撮影3時間! 



PM 10時まで営業し、夜の筋トレ部がはじまり12時までの2時間を鬼の筋トレをしています!



水曜日 
休日ですが、朝からバドミントン部! AM 8時からPM 2時まで!!ランチもかねて一緒に熱く過ごしています!




昼は家電屋でダイソンのドライヤーを買いに行ったり、お店の備品を買いに行っていました!




夜は柿ちゃんとミーティング!!





木曜日
朝から勉強会と試験!!



サロンワークは予約がいっぱい!
隙間の中で夜までには経理やブログ、お店の管理に関わることを徹底的に終わらせ、

PM 9時30~ 
僕は一人でジムに行きました!
鍛えきれていないところは強化せねば…





金曜日
朝からヘアスタイル撮影3時間!



なんだかんだと大変なのがこの活動ですね。
もちろんサロンワークをし、外部とのやり取りもしたり、コミュニケーションは常です!

夜は撮影の編集作業に追われます。

この日は壊れた棚を直したりもしました。




土曜日 営業は終日満員!

それでも夜の運動部は活動します!!!



坂道ダッシュやハードメニューをこの日に組み込みます!
筋肉痛が最大限です!!

日曜日
他社との付き合いで飲みに誘われ…営業後に飲み会!!
その後はなぜかビリヤード&卓球対決に!!



社長として付き合いも大切にします!


月曜日
営業後にお店の大掃除!!

大掃除の前に筋トレにジムへ!!

たまの病院にも行きました!



火曜日
朝からヘアスタイルの撮影3時間!!



そして夜、営業を終えてから日帰り韓国の旅へ!!
1時に羽田発!

その時のブログ



水曜日 
韓国にて1日を過ごしてみる!!
AM 1時 ~ AM 2時までの弾丸の旅!!





木曜日
通常通り営業!!
隙間に家の掃除などを徹底的にやり終える!



金曜日
朝からバドミントンで体育館へ!!



もちろんその後はガンガンに営業です!!!



土曜日
おかげさまでたくさんの方にご来店!
またもや夜は筋トレ部!!!!

日曜日
同じくサロンワークに集中!!
ブログを書き進める!!!!

月曜日
勉強会で新薬のテストを行う!!



その合間にみんなのカット!!



火曜日
毎度!!朝8時から撮影!!!



サロンワークと平行に経理ややるべきことを進めていく!!



水曜日
休日に朝からサイクリング&トレッキングの旅!!!
12時間コース!!!

その時のブログ



木曜日
休み明けは予約いっぱいでサロンワークに集中!

金曜日
朝から撮影!!!!!!!



サロンワークと平行に~~~~(笑)

そして毎度の土日!!!!

そして

月曜日は登山!!!!!


その時のブログ


火曜日は撮影!!

今度の休日ははゴルフ!!!
その時のブログ



いつものように勉強会と仕事をやり切り
夜は活動し


日曜日には7年勤めたすがーが介護美容で独立!!



その時のブログ


そして休日には
埼玉にボランティアカット

翌週には福島にボランティアカット



その時のブログ



はぁはぁはぁ・・・

そしてそのペースは今も続く・・




とまあ
近日を振り返っても

なんじゃこりゃ。。。

てなスケジュールですが

その前の週も今も変わらずこんな生活を続けています。

もちろん、お店のことは100%以上力注ぎながらです!

サロンワークは当たり前
相談メールも毎日対応していくのも当たり前
経営の事も当たり前
開発や教育も当たり前
外部とのコミュニケーションも当たり前
自分を鍛えにジムに行くのも当たり前
毎日スタッフとラインをするのも当たり前!!
寝る時間を6時間確保していくのも当たり前!!
朝も夜も湯船につかってゆったりしていくのも当たり前!
食事は三食当たり前!!

そうなるほどに自分の時間などが無く苦しくなるとは思います。

ですが
可能なんです!!!!

その多忙の中でさらに
質の高いコミュニケーションをしていく事!!!

こうしてブログを書くこと!!!!

そんなのも当たり前にこなせるようになります!

家に帰ればプライベートもありますし、映画見たり本を読んだりギターを毎日演奏したりもしています。

そんな日々のこなし方について書いたブログ




もちろん、毎日のようにサロン内でも事件や問題も起こります。

それに対応していくのは常

優先順位は常にサロンワークでありお客様ですから

だからこそ、そういった事件を減らしていくためにも
質の高いコミュニケーション能力が必要になります!


自分を追い込むことに良いか悪いかは判断に困りますが

僕はこういった領域に達していく事が誰も見ぬ景色となると思っていますし

その景色が見えてる者同士が
善し悪しを決めていけばいいと思います。

ですから
社長である方々へ

スタッフの未来を背負ってるからには更なる追い込みをかけて
ある一定の生活レベルまで到達していく事をお勧めいたします!!



やればできるとよく言いますが

以前にも書いた

「すぐやる人は成功する」
http://ameblo.jp/hair-luxe-belog/entry-12161091039.html


のように
何事にもすぐにやっていればタスクは溜まることなくクリアしていけます!

隙間をいかにうまく埋めて過ごすか?

それは
ゆったりと動くこと

必ず焦らない

ゆったりしていることが大切です!

その為に学ぶべきことを部活を通して教えています。

その子の持つポテンシャルを引き出してあげ
キャパシティーを広げてあげる事!

僕の最大の課題でもあります!

だからこそ
自らが魅せていく!!

そこに信頼が生まれ
コミュニケーションが盛んになり、多くを学び
各々が確かな自覚を持ち始めていくのです。

これからの時代はいかにして社長がバイタリティを高められているか?

これがとても重要なことだと思っています。

何事も応えられるだけのバイタリティを持っていれば
おのずと進化形の会社になっていくものです!

若手の声
それを吸い上げられる環境づくり

僕たちの職業は特に、上も下も並行ほどに伸びあえる職業です!

トレンドや感性に上下関係は存在しません!

時代が目まぐるしく変わっていくからこそ
上下関係が露骨な会社は停滞していきます。


気を付けましょう!

長く長く仕事を楽しむためには、内部的上昇志向の会社づくりでは淘汰されます。

ましてや
昨日書いたような内容もそれです↓


http://ameblo.jp/hair-luxe-belog/entry-12177089489.html



これからの時代は
「循環型」

それこそが
会社も社会も反映していける姿だと思っています。

偉そうにすみません!

20年後
僕たちが誰も追い付けていない素敵な美容室を作り上げています!

そんな会社の在り方を新美容さんに取材していただきました↓


・新美容さんに会社の環境について取材を受けた時の話








こんな風にして僕たちは技術を磨いています↓

・練習風景はこちらを見てください!



LINE@もぜひご登録を!
 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
 
アメブロも日々更新中! 
 





 
 







   
   






















ー プロフィール ー

1977年生まれ 喜早 純也 belog chez vous代表。
2008年よりbelog を設立。2013年にはbelog chez vousの名で拡張リニューアル。
代官山・恵比寿においてトップサロンとして牽引中。
撮影からサロンプロデュース、シャンプー&トリートメント製作、へカタログ出版、教育、美容師としてもコンテストなど数々の名誉を受賞し、あらゆるジャンルをマルチにこなす。サロンホームページ、こちらのホームページもすべて自己プロデュースで製作。 
自分の声と自作のみで表現することに徹底し、お客様に「正直な生の声」として信頼をいただけることに努力しています。
技術では一人一人の髪質や骨格、ライフスタイルに合わせた独自のオートクチュールカットで、出会えた全てのお客様に満足と発見をお約束するスペシャルスタイリストです。





SALON imformation

■年中無休■

 火曜~金曜日 12:00~22:00 (最終受付20:30)
 土・日曜日  10:00~21:00 (最終受付19:30)
 月曜日・祝日 11:00~17:30 (最終受付16:30))
 ※喜早の休みは基本的に水曜日となっております。

 サロンホームページ
 PCサイト
 プライス&アクセス
 スタッフ&ブログ
 

 TEL.03-5794-8072
 〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-16-12
 ABC.MAMIES 5F
 mail@hair-belog.com