本文へスキップ

belog chez vous カットについてのこだわりブログ

TEL.03-5794-8072

東京都渋谷区恵比寿南1-16-12 ABCMAMIES 5F

恵比寿 代官山 にある美容室! カットが上手い美容師が揃う隠れ家的美容室

 


はじめてご覧の方へー
belog chez vous「似合わせカット」のお話しさせてください!

今回はbelog chez vousでのカットの考えたについて、
どんな風に意識して切っているのかをお伝えしてみようと思います!


皆様にご提供させていただいている匠な技術を、
スタッフの変身カットととして説明を交えて送らせていただきたいと思いますので
「お悩みの方」「うまいカットをお求めの方」はぜひ最後までご覧くださいませ!


第1回目の変身カットはスタッフの柿沼さん

ーbelog chez vousのカットの特徴ー

・持ちがよく、扱いやすい!
・骨格や髪質を見極めながら切ること。
・素材に対応しながら切っていくことを大切にしている。



今回の柿沼さんは
4ヶ月前にカットし今はこの状態です↓




前回は、ボブベースにカットしてパーマをかけました。
髪が多く、ボリュームが出やすい柿沼さん。
一応、4か月経っても骨格調整カットでスタイルシルエットはキープできてはいます。


さすがに4ヶ月はあきすぎましたが・・(笑)



そこで今回の柿沼さんからのご要望は

元AKBの篠田さん風ショート


それでいて
大人っぽくておしゃれで、やり手に見えるようになりたいとのこと。


本人曰く、
「私は顔がでかいからショート似合わないですよね。。」
「私の頭はでかく、小さい感じにならないですよね。。」
「顔が下膨れだから顔出すと似合わないですよね。。」
「襟足に癖が強いから短くすると変になりますよね。。」


と悩み三昧。。

可愛い子なんですが、本人としてはいろいろと思うのが乙女心ですよね。

大丈夫ですよ!柿沼さん!

僕の手で篠田さん風ショートを

柿沼さんに似合うジャストのところで
切らせていただきます!



柿沼さんの悩みにもありましたが、
ショートといえば皆さんが不安に抱える
「顔が大きく見えそう」
これが不安ですよね。

確かに、ショートは
直接的に顔立ちにすごく影響します。

ここで美容師として大切なのは
素材を知ることです。




先ずは、柿沼さんのコンプレックス部分を把握しておきます。



①ほほが落ちて垂れ下がってる
元々の輪郭が下膨れで悩んでいます。
年齢を重ねる事に落ちやすい場所ですが、柿沼さんはまだ20代ですからこれから増々下がってしまいます…


②目下の頬骨の位置が高い
バランス的に顔の下半分が長く見えてしまい顔がゆがんで大きく見えてしまいます。

③パーツがすべて丸い印象
頬や鼻や顎に丸みがあり大きく見えてしまいがちです。
ホウレイ線も深くなるので疲れた印象にもなりやすいです。




お悩みキーワードはこちらですね
(面長 おもなが 下膨れ 顔が大きい 似合うショート 丸顔 癖がある 髪が硬い 頭が大きい顔が大きい 小顔 目が大きく見えたい)



それぞれの改善点として

①頬を引き上げ輪郭をシャープに見せるカット

②顔が小さく見えるようにカット

③スタイルに動きを加えて、透明感、元気のある雰囲気に改善



総合して、ショートならではの小顔効果をだし
ちょっぴり大人で「できる女子!」な雰囲気を出していきたいと思います!



早速カットに入ります。

まずは、柿沼さんも悩んでいた襟足部分に注目。

かなり立ち上がっています!




襟足が強く立ち上がりがある癖は特に女性に多い悩みなんです。。

襟足が立ち上がっていると?

・ショートにした際に首にしっくりとなじまない
・首が太く見えやすくなる
・柔らかいフォルムが形成されにくい


と、ショートには不向きな髪質でございます。

この素材へのカットは複雑で、通常通り切ってしまうと一気に跳ね上がったり
無理にボリュームを抑えようとしてスキすぎてしまったりすると
逆に見栄えが悪くなったりします。

立ち上がりを消していくような収まりの良い特殊なカットが必須になります。

それではしっかりと見極めてベースを切っていきます。





髪に対してハサミの角度が重要です!



「チョップカット」という技法を使われるサロンがありますが
belog chez vousでははさみを平行に入れていくことで、スピーディかつ
ダメージを生まないカット方法を推奨しています。




今回は5センチほど切りますのでかなりイメチェンにもなります。

美容師側としては、バッサリカットすることは
長さやデザインに対して悩みやすく、そして迷いやすいです。

しかし何度も同じところを切ったり迷ったりしてしまうと
バランスも悪くなったり、作品に力が生まれにくいと思います。

見てくださっているお客様も不安に感じてしまいます。

それはどの分野でも同じでしょうが、
良質な経験を積むには常に良質な意識を高く持ち取り組まなくてはいけません!

カットに入るときの心得として

・最初にイメージをしっかりと持つこと
・決めたイメージ通りに再現できる技術を身につけておくこと
・顔周り等の似合わせはよく観察しながらフィッティングしていく事
・最初に決めたからと言っても、途中でお客様のお気持ちや確認もさせていただく事
・お互いにワクワクする事!


このことで飛躍的にスピードも上がり、完成度が高くなり、満足度が最高になっていきますます。


特にロングに比べショートや男性のカットは360度全体にハサミを入れて切りますので
時間がかかり、センスも必要です。

ショートが上手い美容師になるには常に意識を高く持ち、意味のある技術を積み重ねていかなくてはいけません!
そうしないとお客様は不安になりますし、一度でも失敗してしまうとそのお客様はトラウマと共に二度とショートカットを楽しめなくなります。。


ヘアライフには様々なストーリーがあり日々訪れます。
季節が変わったり、環境が変わったり、結婚式やイベント心境の変化、流行りの移り変わりや歳を重ねていく事など
その度に髪型は変化していきます。
だからこそ、皆様にはヘアスタイルを無限大に楽しんでいただきたいと思っています!
そこで大失敗などをしてしまうと…

二度と短くしたくない気持ちになります。美容師への信頼も失われます。
もうそれは完全に美容師の責任です。

僕の所に初めましてで来てくださるご新規の方は、ほとんどの方が髪の悩みかトラウマを持っていらっしゃいます。
過去に担当された美容師の責任でもあるということは、僕もまた、そのバトンを渡された美容師なわけですから超責任重大なわけです!!

そういった部分をしっかりと認識し、日々しっかりと力をためていかなくてはいけません!

それをお伝えしたいブログでもありますので引き続きご覧ください↓


――――

後ろが切り終わりました。


スタイルのシルエットになる位置を決めたところですね!
(襟足や質感などの調整はこの段階では行いません)

belog chez vousのカットへのこだわりとして

一般的には濡れている状態ですきバサミ(髪の量を減らす)を使われる美容師さんがたくさんいらっしゃいますが
belog chez vousでは濡れている状態ではすきバサミは絶対にいれません。

少し否定をするようで申し訳ないのですが、その技法は時短でもあり、昔ながらのカット技法であるので僕たちは15年前から取り入れていません。

濡れてる状態では乾いてる状態と癖や質感や長さなどの全てが違いますから、その方の乾いた状態をしっかりと見極めながら調整をしていきます。



それでは
サイドのカットに入ります。



この角度の計算が、後のスタイルに影響していきます。

「小顔」や「かわいく」などいくつかキーワードはありますが
一番大切なのは「似合うこと」

ショートは「似合うこと」が最優先と思います。

サイドのカット、ここがすごく大切な設定になります!!

よくいただくご質問の中で

Q:似合わせ意識してを切っていくときってどんなことを考えてるの??

A:
まずはその方のご要望のスタイルを想像します。
それに向かって切り方を思い浮かべます。
この思考になるまでに要する時間は2秒ほどです。
僕としては瞬間で切り方はわかります。

ここから、その方の持っている「素材」に対してどうアプローチすべきかを考えます。
これもまた3秒ぐらいです。
よほど特殊な髪質ではない限り経験をもとに瞬間で思い浮かびます。

そして、「似合わせ」とはいわゆる「バランスが良いかどうか?」が最大のキーポイントになります。
簡単に言いますと「バランスが良いものは似合っていて、バランスが悪いから似合わない」と考えています。

お洋服で例えると、サイズ感が合ってない、素材感が合っていない、時代が合っていない、キャラクターに合っていない、肌や髪の色が合っていない、髪型に合っていない、ライフスタイルに合っていない。
これらの項目が合っていないことを総合して「バランスが合っていない」ということにしています。
そしてそのベストバランスは一つではないと思っています。
いろんなジャンルのお洋服があるように、どのジャンルでも似合わせていけるスタイリストになるように、髪型もどんな長さでもどんなジャンルのスタイルでも、バランスを合わせて似合わせていく事を追及しています!

そういった点をヘアスタイルにも置き換えて、
髪型が皆様に似合うために、チャームポイントやウィークポイントを見極め「素材」「骨格」「ライフスタイル」「キャラクター」「雰囲気」「流行」「年齢」「環境」「どこまで自宅でケアされているか?」言い出したらきりがないくらいの情報を心の中で汲み取り形にさせていただいています。
(あえてすべてをお伝えしていない事の方が多いですから、ご興味ある方は何でも聞いてくださいね!)

カット技法としては、頭の中に浮かんだデザインを常にリンクして
直線的でなく円を描くイメージで指を動かし切っていきます。

丸みについて=頭は丸く、そして女性は特有の柔らかさがありますから直線的なラインは似合いにくいのです。
モードな感じがお好きな方に対しても、頭にフィットさせるためには指を細かく動かしてフィットさせていかなくてはいけません!そうすることで本当の直線的なデザインにもつながるのです!

綺麗なラインをこだわって、直線的に切ってしまう美容師さんが多いと思いますが
しなやかな動きで骨格や素材を感じながらカットしていくことこそが、フィッティング力を生み、カットの持続性ををよくしていきます。)


(カットをする手↑ 指のフォームも綺麗でないといけません!!)


サイドが切り終わりました。



ここまででおよそ3分くらいで切っていきます。
全体の工程の6割を切った感じですね

この時点では襟足に角が立っています。
この状態で終了すると、首が太く見え女性らしさやセクシーさがなくなります。

ベースは切られてるが
スタイリッシュな感じではなく全体的にぼんやりした状態です。

つづいて前髪と顔周りに移ります。
このあたりも濡れてる状態では、6割程度しか切らずにおきます



どうして6割程度しか切らないか?

先ほどもご説明させていただいたように、濡れてる状態では写真のように善し悪しがつかみにくく、自然ではない状態で切りこんでいくのは危険だからです!



それではここで乾かしてみます。



柿沼さんの本来持ってるクセ・量・ボリュームが
自然な状態で出てきます。



ただ長さを切っただけだとこんなに膨らむ毛質なんだな
ここが最初に崩れ始めるんだな
乾くと硬い髪質になるんだな
乾くとパサつきが目立つ状態なんだな
乾くと動きが出にくくなる髪なんだな

と気がついてきます。

仮に、濡れてる時にボリュームコントロールしてしまう(スキバサミを入れてしまうと)と本来の形が見えてきません。

日常は乾いた髪で過ごされていますのでこの状態をよく知ってあげることが大切なのです。

だから、乾いた時にバランスが崩れてる事はとても大切なジャッジなんです!

濡れてる時に切るとは
いわゆる、木彫りでいう荒削りの状態。



荒削りから、細かいディティールを見定めて切り進むこと!

ここがbelog chez vousの最も推奨しているカット技法です!


それでは続けていきます

さっきまで濡れてる時には出ていなかった
強い毛流れとクセ↓




襟足が浮きながら、かなり左によっています。
中央につむじがあるんですね。


この部分を綺麗に収まるように丁寧に処理します。



ちょんちょんちょん♪と刃先でカットしていきます!




毛先になじみを生むように、重なりをブラシながら切っていきます!



およそ9割くらいの仕上げで次に進みます



左に寄っているように見えていたのが
自然に束ができたように見えるカットをしました!!




ここからのカットは
belog chez vousにしかできない企業秘密テクニックですので
残念ながらこの場ではお見せできませんが…



一束ごと
クセと方向を見極めながらスピーディにカットしていきます。

僕の中でこの技術に「ドライフェーズ」と名を付けました^^


この技術は僕自身が、19歳の時から独学でどこにもない技術として研究してきました!
かれこれ20年にもなる躍進し続けている技術です!
おかげさまで、スタイルの持ちやデザイン性、扱いやすさや似合っている、そして癖が強くて悩んでらっしゃる多くのお客様からの支持を受けています!

belog chez vousがこうして支持をいただいている所以の最大点の技術ですね。

日々追求し続けた結果、
どこにも負けない美容室に―

成長し皆様にご提供していく皆様への約束でもありますよね。



では、長くなりましたが後半です!
顔周りに進行し、先ほど書きました「似合わせの方法」で素敵に作り上げます。



顔周りは最終フィニッシュに調整します!

ここまでで9割ほどの完成!(およそ13分です)




襟足の収まりも良くなりました!。

下の写真は、ただ乾かしてあるだけの状態です。
頭が小さくまとまり始めました。



すごくなじんでいますね~~~!


belog chez vousのカットは
ブローしなくてもまとまりやすいのはこのテクニックがあるからです。



ここからが一番大切な
顔周りです。

もうすでに、少しベースはできていますが
あらためて気持ちを集中し「柿ちゃんに似合う場所」
いわゆる、最初に悩まれていたコンプレックスを最大限解消すること。

このことに集中し細かくカットしていきます。

ここからのカットも
企業秘密ですので割愛させていただきます。

出来上がりました!


かなり切りました!!
落ちた毛の量がすごいですね!4か月切っていなかったですしね~



カット時間はトータル15分くらいで終了です。


それではお披露目。
先ずは後ろから↓(当然、画像はノン加工です!!)



クセや髪の硬さを感じさせない
やわらかいボリュームと
首が細く長く見える毛先のタッチ。

そしてどこに動いてもまとまります。



それでは、
正面からの柿沼さんお見せしますよ~

バッチリ変身できてます!!!

少しクールなテイストに仕上げました^^



いい感じです!

柿ちゃんのコンプレックスがかなり解消できてます!




もう一枚少しテイストを変えて
ソフトな雰囲気に前髪を厚くしてみました






実際は顔の大きさを変えることもできませんし
ごまかすこともできません。

大事なのは似合うためのバランスでありフィッティングさせるカット技法です!!

似合わせる技術とはそこに真髄があります!!
それこそがショートカットを楽しめる秘訣なんですよね!




最後に、僕はこの感じが
かきちゃんぽくて好きかな↓



やっぱり柿ちゃんは笑顔がステキ♪




美容の可能性は無限ですが技術は有限です。

いかに、無限の可能性に向き合い続け
そして、無限の力に近づけるか…

美容師に持たされた使命ですね。


コンプレックスや
苦手を克服してあげてこそ
より楽しめることができるヘアライフ

belog chez vousでは
どんなスタイルにも
「美しき無限の可能性」をご提供していきます。

スタイリスト全員がその極意を心得ております!

是非ご相談をお待ちしております!

 








   
   


















LINE@もぜひご登録を!
 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
 
アメブロも日々更新中! 
 


ー プロフィール ー

1977年生まれ 喜早 純也 belog chez vous代表。
2008年よりbelog を設立。2013年にはbelog chez vousの名で拡張リニューアル。
代官山・恵比寿においてトップサロンとして牽引中。
撮影からサロンプロデュース、シャンプー&トリートメント製作、へカタログ出版、教育、美容師としてもコンテストなど数々の名誉を受賞し、あらゆるジャンルをマルチにこなす。サロンホームページ、こちらのホームページもすべて自己プロデュースで製作。 
自分の声と自作のみで表現することに徹底し、お客様に「正直な生の声」として信頼をいただけることに努力しています。
技術では一人一人の髪質や骨格、ライフスタイルに合わせた独自のオートクチュールカットで、出会えた全てのお客様に満足と発見をお約束するスペシャルスタイリストです。





SALON imformation

■年中無休■

 火曜~金曜日 12:00~22:00 (最終受付20:30)
 土・日曜日  10:00~21:00 (最終受付19:30)
 月曜日・祝日 11:00~17:30 (最終受付16:30))
 ※喜早の休みは基本的に水曜日となっております。

 サロンホームページ
 PCサイト
 プライス&アクセス
 スタッフ&ブログ
 

 TEL.03-5794-8072
 〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-16-12
 ABC.MAMIES 5F
 mail@hair-belog.com