本文へスキップ

「前髪の割れ」と「くせ」をカットで改善できる美容師

TEL.03-5794-8072

東京都渋谷区恵比寿南1-16-12 ABCMAMIES 5F

社員旅行サイパン

 


2017.11.17
社員旅行 IN サイパン 2017


毎年行かせていただいている社員旅行!
今年は10年目となります!

ハワイ.セブ.プーケット.グアム.日本もあちこちと!!

それぞれ数回行かせていただきましたが
今回は初めてのサイパン!

選んだ理由は

海がきれいだから!!

2017年とても素敵な旅行となりました!

ぜひご覧ください!

出発前から是非ご覧くださーい!↓

社員旅行 in サイパン それでは行ってきます! ①



今年の社員旅行ブログの最後に10年目に感じている思いを綴りました。

 10年目の社員旅行! その思いと目的とは



今回もたくさんの思い出をありがとうございました!

無事に
Company trip in Saipan

を終えることができました!


そして
素敵な10年目の社員旅行となりました!


過去の社員旅行を振り返るといろんなことがありました。

楽しいこと良かったことが大半ですが、

悪かったこと、悲しかったこと

そういうこともたくさん経験してきました。


「何のために社員旅行があるのか?」

これが最大のテーマであり

僕としては変わらないテーマとしています。


決して恩せがましい話ではないのですが

「誰のおかげで行けるのか?」

ここに対してはうるさく言ってきています。


それは間違いなく

お客様がいらっしゃるから行けるわけであり、
それに答え続けているスタイリストがいて
それをフォローしてくれるアシスタントがいて
そこをまとめていく会社があるからです。

「繋がりのおかげ」

なんですよね。


一人一人が繋がりを持っているからこそ成り立っているイベントであり、
まさに社会の縮図のようなものなんですよね。


こういうイベントこそが感謝を表現し合うべき時であり、お互いの性格や関係性などを超えた繋がりを持てたりしますよね。


毎日顔を合わせているメンバーだとしても
数日間の生活を共にするのはいろんな感情が芽生えるものですから。




メンバーも10年前とは変わり続けていて

どれだけ回数を重ねていたとしても
このメンバーという構成で過ごすのは初めてなんですよね。


僕の中ではその年ごとに改革をしていたりして

より良くなる社員旅行を!

より良くなる社員旅行を!!!!


と常に改革した形が今となっています。


そんなに真面目に考える事なのか?


社員からもそう思われることもあったりしますが


これは遊びではないからこそ旅費を出しているわけで。

仮に遊びの要素が強くとも、

・遊びを学びに変える力

・意欲的に経験にチャレンジして行く

・仲間と過ごす上での気遣い

・計画を立てる責任

・これだけのことを実現できていくことへの感謝

・旅行で得たことをサロンで活かす力




などを学んでいって欲しいのです。


決してレクレーションではないという事。



そうした時、
僕の視点からは2つの反省が生まれます。

「自分を見つめた時の成果」

「スタッフを見つめた時の成果」








今年の社員旅行はどうだったのかな?

と。


結果としては
10年目にふさわしい素敵な旅行でしたね!


それについて今日も長く語ります!!


長い話ですが何かの参考になれば幸いです!!


 社員旅行から見えるこの先を生き抜く為への思考




「これから先、美容師として生きて行くために必要な知恵や能力とはなんなのか?」


と、僕なりの持論を元に経営や教育、イベントなどを営んでおります。


その持論は15歳くらいから先読みしている事でしたが、今の世の中とこれからの世の中に当てはまって行く事象だなと、今ではさらに実感をしています。




そのキーワードは

「リアル」


ピンと来る方も多いかと思いますが

今、ファンタジーや過剰なイメージづくりのものは見向きをされなくなっています。


映画で言えば、
シンゴジラのヒット。

ファンタジー要素たっぷりに見えて
実は国の対応などリアルに近いからこそヒットしましたよね。

アナ雪も「共感」できる部分がたくさんあったからこそのヒットらしいですし「君の名は」もその1つです。

一見ファンタジックなものですが、共感を生むキャラクターやストーリーがヒットの要因なんですよね。


インスタもそう。
以前は本や著名人の写真を眺めていたのでしょうが、今では身近な写真が共感を持たれますし、自らがそれを体験し撮りにいくようになりました。

「その写真を撮りたいため」という行動の理由の順序は逆転しているところもありますが、やはりこれもリアルの行動の1つであり、「リア充」を見せる手段でもあります。


筋トレブームもそう。
食事制限よりも、リアルに痩せた姿を見せられたからこそ、高いお金を出してでもインストラクターに指導を受ける。

女性の苦手な筋トレだったのにもかかわらず、
リアルな成果を知ったからこそブームとなっていますよね。


テレビよりもYouTubeが流行るのも、素人のリアル体験を動画にしているからこそですよね。

音楽もライブの売り上げが伸びています。


情報もそう。
曖昧なものでは納得いかない。
昨年キュレーションサイトが閉鎖したこともありましたが、いい加減な情報はすぐに淘汰されていきます。

車でもそう。
昔はスペックを紹介するCMが多かったのが、今では家族でのリアルな使い方を伝えるCMとなっていますよね。

GINZA SIXは館内でしか体験できないコトや物でヒットになったそう。


知らずうちに本当のことや物を選別するようになり、「リアル」なものには自ら足を運び行動し、リアルである必要のないもの、また、リアルの方がめんどくさいものにはどんどんと手元で済ませてしまう時代となりました。



「電話がなくなり、ラインで済ませる」という事も今時であります。


「リアルが面倒くさければ手をつけない」


ネットショップもその1つであり、どんどんリアルでの買い物が減っていくのは
リアルでの魅力がないからでもありますよね。

「口コミ」「レビュー」などを見て品定めしているのは、店員1人の意見よりも、多数の体験された方の「リアルな声」を信頼しての事ですよね。



手間は省かれながらも、リアルに値打ちのあることには行動する。



こんな風に、過去よりもはるかに現実主義となっているのでしょう。



一昔前はいろんな事がファンタスティックで
誰もが夢を見ていました。

「あーこうなったらいいよなー」

と。

何を開発するにもそれが原点だと思うのですが


そのほとんどが手元でかなってしまっている昨今では欲も薄くなっているわけです。

車が要らないくらいどこにでも行けるし、
頑張って稼がなくてもそれなりに満たされる生活も送れる。


「今の身の回りに何が足りないのか?」


過去よりも貧欲になっているのです。


例えばiPhoneなどのスマホ。

「あと何が足りないか?」

バッテリーの持ちだとか
耐久性だとか、そんなことではなく

機能として

「何が足りないか?」


これが言える人はどれくらいいるでしょうか?


正直、僕はバージョンアップしても、「それがなんなのか?」は実感できないくらいの微差にしか感じれません。


もう十分に満たされてます。


「こうなったらいいな」

という、進化の原点すらもぼやけてしまうくらい満たされてしまっていますよね。


だから、
その進化を感じない物には消費は生まれないわけです。


それを購入したら…
そこにいけば…

自分が得られるものはなんなのか?


自分に置き換えたら…
自分が感じるとしたら…

それは自分にどんなプラスがあるのか?


このリアルこそが商売として生き抜く為の原点。

今、消費者はリアルを見極める力を持っていて、
過去よりも今の方が情報も溢れその選別の目は厳しくなっているわけですよね。




先のカリスマ美容師が衰退したかのように

メディアに取り上げられた一部の過剰なイメージアップだと衰退を招くのは当たり前なわけです。


これだけリアルな世界とファンタジーかバレバレになっているからこそ

リアルを追求することこそが美容師として生き抜く上で必要だと思っているのです。






経営面で言えば

「全てを自分で作り、生を伝えていくこと」


これは15年前から口に出している事でして

とにかくリアルにこだわりました。


例えば、

ホームページは自分が作る。
自分で切っているところを載せる。
ハッキリと量を持って文字で伝える。
自分で写真を撮る。
動画で見せる。
教育は自分がする。
手間を惜しまない。

上手いも下手も全部責任を持って自分で表現していくこと。

「僕が何をできるのか?」をお伝えしていくことが責任だと思ったのです。

その人それぞれの価値感があるからこそ
僕の今の感じに対し、なんの価値も感じない方もたくさんいて当然なわけです。

その逆に、この価値を感じてくださる方のためにも、探してくださっている方のためにも、自己開示は積極的にしなくてはいけないと。



今、皆様にとっては
「どこで切る」のではなく


「誰に切ってもらうのか?」

「誰に教わっている人に切ってもらうのか?」


そこを求めていらいっしゃるわけです。


人に求めない方にとっては、安売り店などを利用したり、利便性などを優先したりと、人に求めるのではなく合理性を求めていく感じの選択もあるわけで…

選択は自由なわけです。



僕としては

その方をしっかり見つめたいからこそ
自分を見てもらえるように開示している



せっかくこうして触れ合える職業なんだから「相思相愛」が理想だなと思いますし、

もはや、それ以外の醍醐味などは無いものだと思いながらこの仕事を積み重ねてきましたので

情報をどんどん開示することこそが自分というものがリアルに見え、信頼となり、お店でのギャップも少なくなり、お互いの距離が近づいていくものだと確信しております。


しかし、それはこの仕事だけではなく
今の社会において誰もが直面している課題なんです。

これだけ個人の情報もわかりやすい時代だからこそ、結婚や就職、友達付き合いなど、その人のアイデンティティなどが検討材料として見られがちになっていますから…

自分を開示していくことが必要な傾向にありますよね。

「僕は海が大好きです!」とアピールすれば共感される方が増えるかのように

繋がりのきっかけや深まりに対して自己開示は進んで行うべき時代となっております。


しかし、それは多くの方が苦手な「アピール」でありますし、自分を良く見せようとしすぎるが故のビッグマウスになりがちだったりと…

口だけではなく「リアル」が成り立っていることが条件だからこそなおさら大変なんですよね。

口だけでは人は認めないシビアさは過去よりはるかに厳しくなっていますからね。


一昔前ならば

やった事もない
見たこともない


それでも大人は口に出して持論を語れました。


だけど、これから先は


やったことがあるのかどうか?
やれるのかどうか?


それが評価の中心となります。



レビューが盛んに行われるように
実際に手にした人の意見を信じます。

大人という年齢を重ねただけでは、その言葉の重みは見破られてしまうものです。


テレビの世界よりもyoutubeにいる人の方がすごいと思うことがあるように

事実を信じ、共感を得ていく時代なんです。


それも、素直な気持ちで受け入れていく傾向にあります。

学生の中でも疑問に思ったことや知りたいことに関しては同級生に意見を聞くのではなく、どれだけ歳が離れていても知っている人の意見を聞こうとします。

学生の異業種交流会への参加は過去の数倍になっているそうですからね。

過去はそんなことありませんでした。

身近な先輩、親、先生。
答えを出してくれるのは短距離関係でしたから。

今のように、経験者と繋がることが容易いからこそ誤魔化しは効かなくなっています。


政治の世界や企業でも「可視化」がよく言われますが、見えないものや実態のわからないものには信用ができなくなり、「どれだけ開示してるか?」が信頼につながるのです。

そして、その放った言葉が少しでもブレていたらすぐさま国民や消費者は手のひらを返すように次に移ります。


それ全てが「リアル」の重要性を示していて、個人で言えばリアルな経験や知識のない人には信頼も興味も持てない時代となってきているのです。


良いか悪いかで言えば、誤魔化しの効かない正当な評価なのかもしれませんよね。


そうなると、信頼を得たり背中を見せるためへの苦労が絶えません。。

特に教職者の方はとても大変かと思います。


僕も信頼が全てである仕事だから、絶え間ぬ努力が求められます。


ネットが始まって20年ですが、そうなるのはわかっていたことだったから僕はこだわり続けました。


だからこそまだまだ追求しなくてはいけないし、もしもこのお話が何かのヒントになればと思い書いています。


もう一踏ん張り!!

大人である僕たちは「リアル」を見せて行かないといけません!!


例えば
僕が意識している1つが「カットの勉強会」。


何かの写真を参考にした時には必ず完コピして見せますし、100%誤魔化しのない形を実現して見せます。

そうでなければその技術への信頼が無くなりますから。


比べる話をするのもなんですが、

「この形にしてください」

と言われて同じように作れる美容師は限りなく少ないと思う。

挑みさえしないであろう。

以前にも書いたブログですが、それもまたリアルな技術力は見せ続けなくてはいけません!

仮にできないならできないで、できないことを正直に見せるのも責任です!

自分ができることの範囲をきちんと表現しておくこと!

僕は技術屋だから100点を求めていますが、70点なら70点で良いのです!

それを恥ずかしがらずに表現すること!

その過程には「リアル」があるのだから!

そしてさらには、
点数をあげる上での活動もリアルなわけで
毎日10キロ走っている人も、2キロの散歩をしている人も
同じくして価値のある努力なんです!

それを伝えてこそ「リアル」が見えて「信頼」が生まれるものです!

ぜひ、意識されることをお勧めします!


僕はどんな些細なことでも褒めていきたいです!



旅行の話からは大きくそれた感じはしますが
本質はそこです。

日々、どれだけの事をリアルに体験し、どれだけの事をリアルに感じられるのか?


だからサロンでも社員旅行でも体験をする事を重要視しているのです!



そのためにも旅費は全て出してあげ、可能な限り体験をさせてあげる事。


それは普段もそう

求められるのであれば、僕は誰であれどこにでも連れていきます。

キャチボールだとしてもね。


それはスポーツだからこそわかりやすく伝えていますが

音楽や本や旅、美術的なことやビジネスな話、高級店での食事だったり、政治の話や生き方など。

いろんな話をし、いろんなリアルを教えています。


美容師として、体験を深めている人ほど興味を持たれ信頼されますよと。

技術ならば尚更、追求心を持っていなくては見破られますよと。

口だけでは何も通用しませんよと。

厳しくもそんな世界だと僕は思うから。




そして、さらには

過去に何ができていたとしても
興味を持たれるのは

「今何ができるのか?」

なんです。


過去の有名アーティストよりも

今華やかな人に目がいくものです。


「今何ができるのか?」

これしか意味をなさないくらいな社会になっていきますから。

僕はそれに応えるための努力をし続けないといけません!

有言実行であること!!



それが旅の中だとすれば

「誰よりも元気にパワフルであること。」

「誰よりも気を使える姿」

「誰よりも効率の良い動き」

「誰よりも心から楽しめる子供心」

「誰よりも学びに変えられる姿」

「誰よりも経験に飢えていること」

「誰よりも楽に捉えていること」

「誰よりも経験が活かされている事」

目の前で見せてあげること
そんな姿を見せてあげるには絶好の機会なんですよね。


なぜか?


それは
楽しい時間の中だからなんです!


美容や仕事だけならば

「あー、そりゃ社長だもん。」

となるところもあります。


だけど、

旅という誰もがフェアな場所

誰もが自由に楽しめる場所


そんな場所で誰よりも経験に飢えている姿は
生活の全てにおいて参考になることかと思っています。


「自分たちもそうなれる可能性があるんだな!」

と素直に感じれる子たちにとっては

そうなるべき道筋を歩こうと思うわけですからね。



自分が経験を増やし、力が溢れていたら
人の世話までも余裕でできますからね!


そんな人になっていけたら
きっと魅力ある姿に周りも反応し、幸が広がると思うのです。


美容師として積極的に体験をしに行き、知恵や勇気、優しさなどを養って欲しい。

そう願います。


そんな意味も込めて10年目の社員旅行の形としては

自分たちでやりたい事を選ぶ旅としました!


お金を使おうが、のんびりしようが、お酒を飲もうが、僕に声かけようが、何を選ぶのも自由。


僕からは一切の提案なし!


昨年は全てをプロデュースしたからこそ
今年はそれぞれに全てを任せました。


そしたらどうでしょうか?


それぞれのペースでありながらも

それぞれが同じ事を選び

それぞれが声を掛け合って集まり

疲れた子には気を使い

過去一番の丁度良い感じになっていたかと思います!


ご覧のように
ものすごく濃密で、休む暇なしのような旅行でした!

体力的にも大変だったかと思うし、気持ち的にもムラも生まれやすかったでしょう。

でも、なんだかんだとみんな積極的に活動してましたね!

それぞれブログも書くのではないでしょうか?(^^)





でも、まだまだかなと思うところもあります。

もっと一瞬一瞬に目を配る力を持てていたら
もっと目の前から経験を授かれる!!



もっともっと、経験はそこに落ちています!


ガイドさんに話しかけましたか?
ホテルの方に話しかけましたか?
ショップの方と語りましたか?
街を見渡しましたか?
海の味が場所によって違う事を確かめましたか?
夜の風の吹く方向が違う事を感じましたか?
月がなぜお昼に出ているのか?考えましたか?
魚の種類と性質見極めましたか?
仲間の顔色感じれましたか?
挨拶や声かけは気持ちよくできましたか?
人の世話までできましたか?
積極的に誰かをおもてなそうとしましたか?
世界の緊迫した情勢の影響を聞くことはできましたか?
文化の違いを感じれましたか?
旅の準備や管理などをしてくれた人のことをよく観察しましたか?

もう、きりがない。。


僕はこの10倍は気にかけてますね。

五感を澄まし
自分に訪れる経験を全て吸収していきました。


それでも、わかることのほんの一部でしかないのでしょうが

誰よりも研ぎ澄ましながら過ごしたかと思います。

それこそが体験であり、自分が感じたリアルなんです。



「リアル」

ものすごく大事だと思いませんか?

これから先を生き抜いていく中でとても重要なキーワードです。

自分がそうでなくても

自分はリアルを基準にものや人を選んでいるはずです。




最後になりますが、
今回の旅のブログのほとんどは動画でお伝えしました。


それもまたリアル。


僕はブログでも身体能力についてよくお伝えしていますが


頭を使うこと
判断すること
継続すること
年齢は関係ないこと


それらの今が
僕なりの結果として現れています事をリアルにお伝えしたかったからです。


英語、全くの下手くそで、なんの使い道もないくらいしかわからないけど、あの時勉強し始めた今
こんな感じではなってますよと。


特段マッチョではありませんが
僕なりの理論で行なっているトレーニングの成果はこんな感じですよと。



選手ほど早いわけでもないのでしょうが、過去に備わった育ちのおかげでか、この年齢にしてもあれだけの泳力を保ててます。


前田君との関係性。
あんな感じですよと。

みんなの過ごしている姿
あんな感じですよと。

こうして書いている僕の思想
それもまたリアル。



口に出した事を結果としてお見せしていく事。
今僕ができている事を。

僕、喜早純也としてのリアルを!


それがそのまま
こちらをご覧下さっている方の心に止まり、喜早純也が見えて、「あーこんな人なんだなー」と。

そこから「信頼」というジャッジメントをしていただけることこそが僕にとっては挑まなくてはいけないことであり、みんなに見せてあげなくてはいけない事なんです。


どこを切り取っても今の僕は僕

belog はbelog


辞める子がいた時も正直にお伝えしていっているように


開示していく勇気と
口だけでは終わらない責任と

そんな自分であり続けてきているからこそ得た成果と自信と反省。

そしてこれからに対し突き進む背中を。

後輩たちには受け継いで欲しいと願います!


たかがの旅行で
こんなに熱い気持ちなの?


そんな声が聞こえそうですが

いやいや

毎日、毎日、一秒単位で熱いですよ!!


今日も出会うお客様との時間

そこも大きな経験なんです!!


営業後を迎え、みんなと反省会が行われますが、

そこで皆様一人一人を思い浮かべ、今日得た事やダメだった事を振り返るわけです。

それを見つめることができない子は美容師をやらない方が良いでしょう。

お客様との出会いや、お客様の髪は雑にするわけにいかない!

スタッフとの時間も雑にはできない!




このごろの社会では
こういうことも押し付けとなるのでしょうから、

その瞬間を大切にしている人の成果をリアルで見せて

その背中に憧れ挑んでいけるチームとなれば

きっと皆様にはステキなパフォーマンスでお返しできると思います!


10年を過ぎますが


またさらにリアルな経験を積むため
この目で見てこの手で確かめて、あらゆることに追求し、リアリティに自信の持てる美容師になり、皆様の髪に活かし、頼られるような存在になっていきたいと思います!



だからスタッフにも

もっと目の前の瞬間を大切に!
いつもワクワクして!
たくさんの経験を積み上げた素敵な美容師になっていってくださいね!!

と^_^


おやすみありがとうございました!

最高の旅行となりました!



最後までご覧いただきありがとうございます!

ご予約ご相談に
LINE@もぜひご登録を!
 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
 
毎日ブログを更新中! 
 





 
 







   
   






















ー プロフィール ー

1977年生まれ 喜早 純也 belog chez vous代表。
2008年よりbelog を設立。2013年にはbelog chez vousの名で拡張リニューアル。
代官山・恵比寿においてトップサロンとして牽引中。
撮影からサロンプロデュース、シャンプー&トリートメント製作、へカタログ出版、教育、美容師としてもコンテストなど数々の名誉を受賞し、あらゆるジャンルをマルチにこなす。サロンホームページ、こちらのホームページもすべて自己プロデュースで製作。 
自分の声と自作のみで表現することに徹底し、お客様に「正直な生の声」として信頼をいただけることに努力しています。
技術では一人一人の髪質や骨格、ライフスタイルに合わせた独自のオートクチュールカットで、出会えた全てのお客様に満足と発見をお約束するスペシャルスタイリストです。





SALON imformation

■年中無休■

 火曜~金曜日 12:00~22:00 (最終受付20:30)
 土・日曜日  10:00~21:00 (最終受付19:30)
 月曜日・祝日 11:00~17:30 (最終受付16:30))
 ※喜早の休みは基本的に水曜日となっております。

 
サロンホームページ
 PCサイト
 
プライス&アクセス
 
スタッフ&ブログ
 


 TEL.03-5794-8072
 〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-16-12
 ABC.MAMIES 5F
 mail@hair-belog.com

belog chez vous 新人が豊作です!!