本文へスキップ

「前髪の割れ」と「くせ」をカットで改善できる美容師

TEL.03-5794-8072

東京都渋谷区恵比寿南1-16-12 ABCMAMIES 5F

新人が集まる

 


2017.03.26
2017年の新人研修が始まっています!


新人の研修が始まりました!

入社10日前から始まる研修!

今年は3人の新人!!!!


福島からの 松本さん
通称 モッちゃん!

北海道からの 泉くん
通称 イズ!

長崎からの松川さん
通称 松ちゃん!

(写真は今度!)


みんな!

belog chez vousを選んでくれてありがとう!


そんな気持ちにさせてくれる
とっても素敵な子達です!


そんな新人の研修初日には

僕からの熱い講義を!!!


本当は30分話して、そこから練習する予定だったのが…

あまりにも3人の眼差しが良すぎて
1時間に延長!!!!!




そこで終わろうとは思ったのですがっ!



この子達、
ずっと前に手を重ねたまま姿勢を崩さず、
きちんと立って聞いているんですよね!!!





僕たちの仕事は立ち仕事だけど、新人たちはまだ仕事を始めて無いからかなり疲れると思うのです!

それでも、そんな表情一切見せずに、ずっと真剣に聞いてくれてるんですよね!!(先輩の方が足崩してるし)

それって当たり前のように思えますが、
姿勢を保つのってそれなりに意識高めじゃないと無理です!

僕も数度と前に立って教えてきましたが、
こんなにも姿勢がフラつかない世代は初めてですね!


その意気込みでさらに延長し
(この際だから時間の限り話しました!!)
伝えたいことをしっかり伝えた1時間半

完全ノンストップ!!!

まさにこの前の講演と同じ!!


それでも常時、楽しそうに聞いてくれてました!!!

いや~~
流石の一言!

意識高いなーと実感しましたよ!!!



その後の練習もめちゃくちゃ真剣っ!!


新人ならではの消極的なところはたくさんありますが、
根が真面目な感じがとても好感持てました!




で、そのあとはランチに一緒に行きました!

僕と新人3人で初日に乾杯!(^^)



この3人は、きちんとマナー身につけています!

何度か食事は行っているのですが、
お礼、挨拶、振る舞い

その辺りの気遣いが既にできていますね!


仕事においてのマナーなどはこれから学ぶことになりますが、
基本ができてるとすごく早いですよね!


あとは積極性とセンスでしょうね!!

早く自信をつけさせてあげたいですね!

いや~
今回も3人揃って豊作です!!!!



あえて、ここからは少し厳し目な意見を言いますが、


新たなことを身につけていくための努力を楽しめるかどうか?

思春期の中で、仕事に打ち込んでいく気持ちを維持できるかどうか?

この仕事は職人であり、自分自身が商品である事をキチンと理解して過ごしていけるかどうか?

仕事を楽しくワクワクできるかどうか?


その子たちの気持ちの強さに期待したい!

しかし、
それを工夫して3人に提供していくのは僕たち先輩の役目です。


ポテンシャルは既に兼ね備えているからこそ、
そういった「楽しみ方」を工夫しながら過ごさせていきたいと思います!




僕は常に言います。


今の時代は過去とは違い、「今」なんです!

上の人間だけの意見で作っていくのはまずありえない。

そこに共存がある以上、意見のすり合わせが必要です。

てことは、
すでに出来上がっている会社を育てるためには、新人が中心になるほうが好ましいと思っています。

「会社のシステムを作るのは新人たち」

だと。


その子達が新しい環境を作ることに先輩が素直に受け入れ、
そして、それを長年の経験者とともに昇華していくことさえできていけば、
必ず衰退しない会社となります。


温故知新的な感覚と、新陳代謝の感覚とが融合してこそ、新たらしくて居心地の良い環境が生まれると僕は思うのです。


どの時代でも同じく、その時代とともに生きていくからこそ、常に自分をスポンジのようにして行かないといけません!





と、
僕はなんでも受け入れてく方ですが…。

歳を重ねていくほどにそれをするのが難しくなる傾向。。



いつの間にやら、スタッフ間も年の差はかなり広がっています。


過去の伝説なんて通用しない。

過去の美学なんて通用しない。


「今に伝説を作る姿」

若い子はそこを見ています。


というより、
リアルが少ない世代だからこそ、
リアルが何よりもの特効薬になる。

リアルを見せていく先輩であること。

その意識こそが、僕たちも過去の実績にすがらず、
今のリアルを作る努力となります!

「昔はすごかったんだぜ!」

こんなセリフ、オワコンです。。


言うのならば
「昔もすごかったんだぜ!!」

これがいい!


どちらにせよ、歳に関係なく、

「今何ができるのか?」


それが大事なんです!


例えばデザインで言えば、
若い子が「可愛い」と思えるものを作れてもいなければ、その技術を学びたいとは思わない。


これ、めちゃくちゃあります。


この世界、20歳も離れた人に切ってもらうよりも、
近しい歳の人に切ってもらいたいのが普通。

圧倒的にその傾向が強い!


いわゆる、
「若い子達の感覚についていけていない」

という事が多いのです。


僕は思う。

歳を重ねて得た経験に酔いしれてしまい、自分から新しい感覚に目を向けなくなっていく。

だから歳をとると必死で都合をつけてしまう。

「若い子達だからね~」

と。

本当に若い子達の事を知っていれば、そういった声は生まれるわけがない。

感覚をつかんでいれば歳も世代も関係なく理解できるものです。

解っていない、解ろうとしないからこそ生まれる軽はずみな発言なんですよね。

厳しい言い方ですが、
それは、「女だからね~」とか「男だからね~」とか、
皮肉めいた言葉を使いがちなのは、「相手を解ろうとしていない」だけである。

そもそも、若かろうと同世代だろうと「解るわけがない」のです。

解るわけがないからこそ、そこで開き直るのではなく
「解ってあげようとする気構え」
これこそが大事な世代リレーなはずなんですよね。



それは他国に対してもそう。

好き嫌いはあっていいのですが、
知りもしないのに皮肉めいた言葉を放つのは何も発展しない。

本質的には正解はどこにもない。

どこかに正解を求めた時に
右を知り、左を知り、真ん中を知り。

自分好みで正解を作ればいい。

知りもしないのに「右派」「左派」となるのがおかしいのです。

中学の講演でも触れましたが、
大人こそが既視感に侵されていることが多いんですよね。。


「解ってあげようとする」
それだけでずいぶん変わります!


それをしてあげるからこそ
若い子も、先代がつくりあげた基礎となることに目を向けてくれるのです!

スマホで話をしてあげるからこそ
リアルでも耳と目を使って話を聞いてくれます。

その子の好きなものを一緒に共有するからこそ、
僕たち世代の好きなものも受け入れてくれます。

こうして良好なコミュニケーションは作られていくと思うのです。



今回の新人三人も、他のサロンでの面接ではその子の良さまでは見てもらえなかった子達でした。


例えば「イズ」
北海道大学の法学部を中退してまで美容の道を選びました。

belog chez vousを見つける前に面接に行ったサロンでは、その情熱を語らせてもらうことなく終わったらしいです。



その日の夜、悔しくてネットを検索してみたらbelog chez vousを見つけたそうです。

そこで見たのが僕の「美容室の選び方」という記事。

北海道に変える前に慌てて電話をかけてきて、僕の所に来てくれました。

僕は普通に彼の行為に興味持ち時間をとりました。

彼の情熱、彼のこれからの事、彼の年齢的なリスク、いろんな面からの話しを終電ぎりぎりまでの4時間くらい聞いてあげ、話をしてあげました。


僕は言いました。

そもそも
面接というのは僕たちも選ばれる側。

品定めをされるのも自分達であり、フェアなんだと。

ということは、僕たちの方も知ってもらいたいし、だからこそ君のことをもっと知ってあげたい。

10分の面接で決めてしまうほど簡単な運命ではない。

この職業はそんなに簡単に伝承するものではない。

この人だからこそ!

そう思いあえてこそ一緒に学び合えるものだよと。

姿形しか見ない、フォーマット化された面接しかできない会社を選ぶ方がおかしいし、そういう面接しかできない会社は淘汰していくよと。



それが当たっているかどうかは、僕が思う感覚でしかないですが、、
単純にそれだけの想いで北海道から来てくれている子に対して失礼。

美容を選んでくれたことに対して失礼。

そう思う。

後の女の子も同じような境遇。

ミモやキッド、梅も柿ちゃんたちもそう。


向き合って理解して入社を決意し、そして厳しい試験を乗り越えて入社しました。

そして、そこからは、自分が決めたことを自分で約束を守っている子たちが残っていくのです。


あとは
その気構えがお互いに持続していくかどうか?


最初は素直でも
妙な自我が生まれ、好き嫌いを選別するようになることがあります。

まだ未熟なのに、幅をまだ持っていないのに、自分の好き嫌いを作り始める。


それが一番の落とし穴。

人の声が聞こえなくなった時点で、気がつかないうちに足は止まっています。

1人でなんとかできるほど簡単では無いのに。。

なぜか、我流を生み始めます。


リタイアの本質的な原因はそこであり、
個性が強い業種なだけに、そこが歯車を崩していきます。


まずは素直に受け止めていく。

それは先輩も僕も同じくです。

先輩で言えば、
最初は可愛がろうとしても、だんだんと雑になり横柄になる。

僕は言います。

「奴隷じゃないんだからな!!」

と。

もちろん、そんなひどい先輩はいないのですが、
そういう節が見えてしまうときは僕は注意します。

感情で叱るのはやめなさい!と。

きちんと理にかなった注意は、必ず受け入れてくれます。


お互いに成長しあうことの意識さえ途切れなければ、
必ず長く一緒に美容を楽しめるはずなんです!


僕たちは経験者だからこそ、まずは若い子達の感覚を知ること!!

新しい風を楽しむ!!


勇気をもって、3人がこの会社を作っていくだけの責任を持たせていくこと!

小さな自立をさせる事!

協力し合い、自分たちだけでも成し遂げでいく気構えを持たせる事!



そういった試みを受け止めてもらい

また、
その自由さの中に、僕たちなりの規律を与えていく。



一人っ子ならば面倒を見る感じが強まりますが

今回は3つ子!

その子たちの社会をまずは作ってもらいたい!

僕はその形に素直に反応してあげたいなと思う!

今期の成長イメージはそんな感じですね!



そのあとランチに行き
みんなで今日のことを話してくれてました!

今日の事をこんな風に綴ってくれました!




==================




===============







みんなしっかり書いてくれてるし、
本当にすごいと思う!!
この日を忘れないでほしいですね!

がっかりさせないように頑張るね!





PS

ランチの時、僕は仕事だったので先に席を離れたのですが

3人が自主的にそれぞれの家を見て回り、
「何かあった時に助け合えるように」と、確認しにいったみたい!


全部を見て歩けば1時間くらいはあったとは思うのですが、
その時も3人で話しながら歩いて仲を深めてくれたようです!


こういう行為、素敵だなと思います!

この業種、嫉妬も多い世界です。

個人の評価がダイレクトであり、
現場でそれがはっきり見えてしまいますからね。。


だからこそ、同期で力合わせて欲しいのです!


過去を振り返ると、同期でうまくいったケースがあまりありません。。

周りの美容室もそうです。

比べあってしまうし、比べられるものです。


「そういうもんだよな。。」

てな言葉で終わるのはナンセンス。

必ずそこにはやり方と気構えで変えられることがあるはずなんです!


同期でワイワイ仲良くしろとは思わないけど

同期だからこそのメリットを全員が活かして欲しい。


僕は新人に聞きました。

「同期ってなんだと思う?」




そしたら、

「同期は助け合って励まし合うものです!」

と。

当たってます。
当たっていますが

僕はこう思ってると言いました。


同じ時期に入ってその子を見た時

「あー、やれる子はやれるんだ!」
と思える事例が見れることだと。

逆に、
「あーしてるからやれないんだな。。」


と、うまくいかない事例も見れる。

またそこから、
「あーしてるから達成したんだ!」

と、乗り越えていく姿も見れる。

同じ時期に入ったからこそ
その姿が参考書となるものだと!


たまには自分の代わりに犠牲になってる時もある。

また、
自分の目指す場所に先に辿り着いている時もある。

また、
自分の経験を伝える時もある。


同じスタートで1人で経験できないことを
1つの例として見ていける存在!

それが同期なんだと思うのです。


て事は

仲良く以前に、もっともっと大切にしなくてはいけない存在なんだよね。

その子がいるからこそ、見えてくるものがたくさんあるんだと。


それを、
どちらが上とか、
どちらが気に入られてるとか、
比べ始めたら何にも面白くない。

妬みや嫉妬はなんの効果も生まれない。

ましてや、
ワイワイ仲良くだけでは刺激とはならない。

もっとはっきりと


必要な存在なんだ!!


そう感じていくことが
絶対に大事なんだよね!


そこから
愛情が生まれ大切にしあえると思うのです。


と、
なかなか器用な事とは思うのですがね(^_^;)

意識が揃えばそうなれるでしょう!


敵は内部ではなく外の美容師!!

勝つために力を合わせていく方が懸命!!



意識しすぎないように、
向かうところを明確にさせるのも大事!!


「仲良くしなさい!」
ではうまくいかないこともある。

恋愛で言えば

「この子と結婚しなさい」

てなことに近いのかもしれない。


そうではなく

必要としあいなさい!


その方が、
意味を持てる!


と僕は思うんですよね!


それが達成できる3人だと僕は期待しています!

多くのお客様に喜びを与えられる美容師になっていきましょう!


最初は、足りないところもたくさんあります。
御代をいただいているのに、素人なことをご提供するのはいかがかなと
常に思う次第です。

彼らの成長のためにも、いろんな場面に応援よろしくお願いいたします。


4月よりスタートです!






ご予約ご相談に
LINE@もぜひご登録を!
 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
 
アメブロも日々更新中! 
 





 
 







   
   






















ー プロフィール ー

1977年生まれ 喜早 純也 belog chez vous代表。
2008年よりbelog を設立。2013年にはbelog chez vousの名で拡張リニューアル。
代官山・恵比寿においてトップサロンとして牽引中。
撮影からサロンプロデュース、シャンプー&トリートメント製作、へカタログ出版、教育、美容師としてもコンテストなど数々の名誉を受賞し、あらゆるジャンルをマルチにこなす。サロンホームページ、こちらのホームページもすべて自己プロデュースで製作。 
自分の声と自作のみで表現することに徹底し、お客様に「正直な生の声」として信頼をいただけることに努力しています。
技術では一人一人の髪質や骨格、ライフスタイルに合わせた独自のオートクチュールカットで、出会えた全てのお客様に満足と発見をお約束するスペシャルスタイリストです。





SALON imformation

■年中無休■

 火曜~金曜日 12:00~22:00 (最終受付20:30)
 土・日曜日  10:00~21:00 (最終受付19:30)
 月曜日・祝日 11:00~17:30 (最終受付16:30))
 ※喜早の休みは基本的に水曜日となっております。

 
サロンホームページ
 PCサイト
 
プライス&アクセス
 
スタッフ&ブログ
 


 TEL.03-5794-8072
 〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-16-12
 ABC.MAMIES 5F
 mail@hair-belog.com