本文へスキップ

「前髪の割れ」と「くせ」をカットで改善できる美容師

TEL.03-5794-8072

東京都渋谷区恵比寿南1-16-12 ABCMAMIES 5F

セブの旅行 優しい人ばかり

 


2016.11.17
社員旅行で学ぶべきことは、自分達を見つめる直すべき時間であるということ


社員旅行の最終日の朝

みんなそれぞれ自由時間となりました。
僕たちらストリートでショッピングです!






現地の人がたくさん声をかけてくれます!





結構焼けてしまった僕(笑)


街を歩いていると危険だとかって話はよく聞くけど・・・

押し売りとか
ボッタクリとか

話ではよく聞きますが

全くそんなことないですよ!


てか、


僕には全くそんな風に話しかけてこない。


単純に
コミュニケーションをとりに来ることが多くて
^_^



昨日もいろな子達がコミュニケーションとりにきてましたが





この子たちは学校も行けていないから
英語も学べないんですよね








それでも
いろんな事を交わせてたりして



なんとなくではありますが
気持ちがわかるところがたくさんある。



僕も三重の鳥羽という観光地

海の目の前にずっと住んでいて

いつも観光客がすぐそばにいて


人のおかげで街が成り立っていることをDNAから作られてる気がします。


人が大切なんですよね!


自然とおもてなしも出来上がってくるし


自然と人に笑顔を見せていけるんですよね。


親とか周りの大人の方の
そんな姿をいつも見ているから。


もちろん、生活スタイルも違うけど
こういうのは
なんとなくですけど
わかるんですよね。


その人達のおかげで
ご飯が食べれているということが。


だから、

外から来てる人に普通に声をかけていける。

生業も人のおかげであるからこそ

自然と商売気質も生まれる。


一つでも多く売れたほうがいい

一つでも買ってもらったほうがいい

そりゃそうなんです。


それが生活であり、仕事ですから。


たぶん、多くの方は
売りつけられるとか
ボッタクリとか感じるのかもしれないけど


日本人の方がそもそもそうですよね。

同じ作業してもらっても
こっちよりも高い値段でお代をもらうんですし、

同じものでも日本だと高い。


フェアトレードしているか?
と言えばそうでもないことも多い。


ブランドやサービスといった価値が付き
異常に高いこともたくさんある。

でもそれもまた僕は普通のことだと思っている。

それが日本らしくもあって好きです。


だけど、
こういった国に来ると

こぞって

ボッタクリとか、
押し売りとか

そんな感覚の声を多く聞く。。



そもそもね、
どこの国でもそうですが
何かにお金かかるのは当たり前。


水もタダではない。

労力もタダではない。


だけど、

こういう場所だと
やってもらうのが当たり前に感じやすいから

チップだとか
押し売りだとか

いろんなところに嫌悪感を持つのかとも思う。



いやいや、


当たり前ですからね。


その値段を聞いて

その値段で買ってあげたいと思えば
オッケなわけ

もしも、それが少し高く値をつけられていたとしてもディスカウントする必要もなく

すでにその値段で安く感じてるんですからね。

日本と比べれば
はるかに安い。


すでにボッタクリなんてされてもないんです。


少し、20円とか100円プラスされてる程度。

僕たちにとっては
全く無傷な金額が
彼らにとっては
すごく価値のある金額だったりしている。

一日働いて1000円とかの話ですからね。


僕が昔、中学の時にプール掃除をしていましたが
時給は500円
2時間で洗うから1日千円でした。


子供の時にはそれがめちゃくちゃ大きいのをよく覚えています。

中学で、少なくとも夏休みに3万円くらい手に入ると思うとテンション上がりましたね。


セブで言えば

海を渡る時に、船を引っ張ってくれると
3人で200円。

往復20分で200円です。

1人60円で島まで僕たちを歩いて引っ張ってくれます。


京都の人力車と比べたら
この差はとてつもない。


同じ労力以上です。


それなのにその価格。


そこにお金の駆け引きが必要なのか?


本来なら
日本と同じ金額を支払うことの方がフェアトレードなんだと思う。


もっと見つめていかなくてはいけないのは
労力なんですよね。

価格に見合う事以上に
していただいているんだ。



首飾り、僕は欲しくて買いましたが、

歩いていると、

「買わないか?」

と聞いては来る。


それ、

日本でも

「温泉まんじゅうを買わないか?」

ってのと同じです。


そして、首飾りとか
日本だと2000円はするであろう物が

200円ですからね。


作られてる子達の労力。


そこに、多少のボッタクリとか
押し売りとか皆無。


ありがたくも先進国で
こんな所まで飛行機で優雅にこさせてもらっている

そこでたくさんのおもてなしや
たくさんのサービスを安くしてくださっている。


そこに
20円200円くらいの小さな金額に
目くじら立ててる人が多いのが情けない。。

現地にいるとそういった声をよく聞く。


どこまで下に見てるんだ?
奴隷じゃないんだぞ!!


僕はそんな風に感じる。





僕は少なくとも、
昔からどこに行っても言い値で払っている。

貧乏だった時もそう。

安く買いたいなら、足で安いところに買いに行く。

でも一時期、いろんなところから話を聞き
アジア圏の旅行ではディスカウントするべきだと学んだ時もあったからそうした時もあったけど、

それも瞬間でやめた。


日本でもそう
わざわざ、家電量販店でディスカウントなんてしない。

安く買いたければ
アウトレットも行くし
セールも行く。

しかし、絶対に交渉はしない。

言い値で買う。


メーカーとのやりとりもそう。

どのメーカーの方も僕にはそう思っていると思うけど

お金の話なんかしない。

言い値で取引している。


それが
高いとも言われるが

その値段の価値と感じているから
何にも疑わない。


むしろ、
自分がディスカウントを求めるということは
その人から搾取してる事に気がついている。

搾取するくらいなら
搾取されてる方が気が楽。

ディスカウントするという事は
その人の労力を下に見ているという事。

それをするくらいならば
僕が働くよ。

そんな小さな感覚の方が
バカバカしいから。

僕はディスカウントなんてのはしない。

僕がその分働けばいい。



そして、
美容師としても
僕自身の価値にディスカウントはない。

値段が変わるとかの次元ではなく、
お客様が感じてくださっている価値以上に、
自分を高める責任を持ち続けることがとても重要。


今こうして、ご飯が食べさせていただけている事に心から感謝する為にも、
そういう意識の元で責任を果たして行くべきだと思っています。





そう考えると、やはり海外などでの感覚はもっと認識を高めないといけないと感じる。


そもそもは

人から人

その人から買ってあげたいのか?

ってのが中心にあり

その物が欲しいのか?

ってのがあれば


それだけでいいんです。


あれやこれやと上から目線なんてのは邪魔になるだけ。

哀れに思う事なんてもってのほか。


スタンダードなんてのは勝手に決めたものさしなだけで
みんなその基準で商売をしているだけ。


もっと見なくてはいけないのは
そんなチープなやりとりよりも
顔を見てあげて欲しい。


セブの人たちは
売れなくても笑顔を忘れない。

売ることを目的としているわけではない。

生活を目的にしているから
笑顔もあって商売もある。


ここが大事なんだよね。

買わなかったらといって
プイッとする人なんていない。

プイッとする人、
日本人の方がはるかに多いのでは?

日本全国を回った程度ですが
日本の方が全然そう感じる。

売れようが売れなかろうが
めちゃくちゃセブの人たちの方が笑顔なんですよね!!!!


ただただ
人が来てくれているからこそ
チャンスがあり
ありがたいと思ってくれている。


共通言語は笑顔だなーと

マジで感じる。


そんな風に思えるのは
僕が鳥羽で育ったからであり

旅館で生まれたからであり。


人がそこにいて
いつも
親は人にありがたみを感じていた。


そして、
学生時代のほとんどのアルバイトは
人をお迎えする仕事に就いた。



僕は観光地で生まれてよかったなーって

素直に思う。


日本全国回った程度ですが
観光地に触れるたびに
本当にそれをよく思う。



ほとんどの方が

二度と会えないんですよね

もう、二度と話すことはないんですよね


それをよく知っている。

なんだかわからない
センチメンタルな気持ちになることをよく知っている。






瞬間を楽しめているって所が僕は好き。





セブの人たちは自殺しないんだそうな。

貧乏で自殺する人は1人もいない。

すごいよね!
それもよくわかる。


「幸せってどんな時ですか?」
と聞いてみた


6日頑張って働いて
日曜日に美味しい夜ご飯とビールが飲める!

そのために
頑張って働いているから幸せなんだと

そして、

その仕事が
こうして人と触れ合っている仕事だから
幸せなんだと。



わかる

本当によくわかる。


僕も電気一つつけられない貧乏な時あったけど

全く不幸せはなかった

今でもそう

お金はある

普通よりははるかにあるんだろう。


でも、
全くその気持ちも感覚も変わることはない。


お金を手に入れることが目的ではなく
喜んでもらえる笑顔のために努力しているだけ。


笑顔があればそれだけでいい。

笑顔がなければそんなお金一円もいらない。


お金は笑ってはくれない。

お金を使うからこそ笑ってもらえることもある。


でも

やっぱり

人と触れ合うから
笑いあえてるんだよ!!!!


そこが本質なんだ。




先ほど出会った少年。

一度も物を売りに来ることもなかった。

当たり前だか
スリをしようなんてのは一切ない。

このお父さんもそう。

僕には警戒心なんてのはない。

悪い人も中にはいるだろうが、

悪い人なんじゃないかな?ってな悪い心は持ちたくもない。


もしかしたらそう見えてる人もいるかもしれないが
たかが10回程度しか海外にはいっていないけど
そんな風に感じることは一度もない。

悪い人がいるのはどこの国でもですが
そんな人は寄ってこないし、
もはやそうだとしても僕のアンテナでは気がつかない。

そんなものは知らない。


日本でも騙されることもたくさんあるが
そんなトラウマなんてのは1ミリも残してない。

人を見るとき
そんなところから入ることはしない。


その人はその人なんだから。

疑うと関係は最初から壊れる。



動画では瞬間のコミュニケーションでしたが

僕の腕にぶらさがったり
ボクシングしたり

ずっと僕に近寄って来ては楽しんでた。

特に子供なんてのは世界共通。

「面白い人といたいだけ。」



日本でも子供たちの
髪を切ってあげることがたくさんあるけど、

この子にとって面白いかどうか?

そんな純粋な気持ちに応えているだけで
世界も、大人の認識も変わっていくものです。



認識を変えると
笑顔は普通になる。

無理してコミュニケーション取る必要もない

海外かぶれも必要ない。

僕は英語なんて全く話せない。

コミュニケーションにカッコつける必要なんてない。


ただ、

素直に面白かったらそこには
プライスレスな価値が生まれる。


そしてありがたくも僕の仕事は報酬までいただけています。

本当にありがたい事です。

僕の手で笑顔になっていただけるなんて。

僕は人と触れ合う仕事に誇りを持ちたい。




また、大統領が変わったり、
政治でもいろんなことが起きていきそうですが

言っている事が全部身の保全からの発想。

それも当然なのかも知れませんが、
幸せとは何なのか?

ってのが
はっきりと見えていなく欠けて行くほどに環境整備に頼る。

会社でも同じ。

環境をどれだけ整備しても
やはり、心の持ち方一つで全て変わる。

僕は僕として、心の中はいつも幸せを見つけられています。

幸せを感じる心以上に
幸せを見つけられるようになって行くといいんだけどね。

何があろうとも
気持ちよく新時代を迎えていきたい。



つまるところ

自分も70億分の1人であるということ。

何の影響もない
たった一つのミクロな存在ですが

自分には自分への超等身大な存在を持っている。


世界の全てが
自分をしっかり持ち、アイデンティティに誇りを持ち、人を認めて行く事。

目の前の人からまずは幸せに!



いつまでもフェアな認識

素直に愛せる心持ち

大切にしていきます。






見ての通り、
この子は泥んこで
裸足で
衛生的には(???)に思うのも普通です。


日本にいたら
それが普通ですし、何ら否定する必要のない感覚です。


だけど、
僕は美容師。

人を美しくするのが仕事だから

容姿なんてのは二の次なんです。


人の心ごと美しくすることが核にある。

順番がちゃんと整理している。

心があってこそ美しくなれる。


それを技術も含めて作るのが僕の生きている道。


いろんな感覚はよくわかるけど

僕には何ら抵抗なんてのはない。


そこに笑顔があるのならば
僕は心が動き、体も動く。


そんな美容師でいたい。


僕は単純に
こんな風にしてることが
肌に合うんでしょうね(^^)

あらためて
出会った人
出会って行く人に感謝したい。



おやすみありがとうございます!
こうして旅行に行けるのも、皆様のおかげでございます!

ご予約などご不便おかけいたしましたが
みんな元気に迎えられるように
本日も腕慣らしをしました!

僕もスタッフ4人切りました!

準備万端です!

年末に向けて素敵な一年を迎えましょう!





PS
今年はリアルタイムで旅行の模様を伝えてみました!
ぜひこちらもご覧くださいね!


http://ameblo.jp/hair-luxe-belog/entry-12219398964.html


LINE@もぜひご登録を!
 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
 
アメブロも日々更新中! 
 





 
 







   
   






















ー プロフィール ー

1977年生まれ 喜早 純也 belog chez vous代表。
2008年よりbelog を設立。2013年にはbelog chez vousの名で拡張リニューアル。
代官山・恵比寿においてトップサロンとして牽引中。
撮影からサロンプロデュース、シャンプー&トリートメント製作、へカタログ出版、教育、美容師としてもコンテストなど数々の名誉を受賞し、あらゆるジャンルをマルチにこなす。サロンホームページ、こちらのホームページもすべて自己プロデュースで製作。 
自分の声と自作のみで表現することに徹底し、お客様に「正直な生の声」として信頼をいただけることに努力しています。
技術では一人一人の髪質や骨格、ライフスタイルに合わせた独自のオートクチュールカットで、出会えた全てのお客様に満足と発見をお約束するスペシャルスタイリストです。





SALON imformation

■年中無休■

 火曜~金曜日 12:00~22:00 (最終受付20:30)
 土・日曜日  10:00~21:00 (最終受付19:30)
 月曜日・祝日 11:00~17:30 (最終受付16:30))
 ※喜早の休みは基本的に水曜日となっております。

 
サロンホームページ
 PCサイト
 
プライス&アクセス
 
スタッフ&ブログ
 


 TEL.03-5794-8072
 〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-16-12
 ABC.MAMIES 5F
 mail@hair-belog.com