本文へスキップ

「前髪の割れ」と「くせ」をカットで改善できる美容師

TEL.03-5794-8072

東京都渋谷区恵比寿南1-16-12 ABCMAMIES 5F

belog chez vous 喜早 純也

 


2016.08.16
「ゲームは必要でしょうか? のご質問に対して」


先日お客様からご質問いただきました!

ありがとうございます!

早速採用させていただきますね!

喜早さんこんにちは!
いつもブログ楽しく拝見させていただいております!
お忙しいところ申し訳有りませんが、私も一つご質問させてください。

私には小学六年生の息子がいます。
息子がゲームに熱中してまして、、
最近流行りのポケモンにも熱中してしまっています。

私の子供時代でもゲームは流行っていましたので多少の理解はあり、大目に見てはいたのですが、、
あまりにも熱中しすぎて大丈夫なのかと、、

喜早さんは子供の頃ゲームに夢中にはならなかったと書いてありましたので、どのように過ごしていたのかな?
もう一つはもしも息子に声をかけるならどんなことを伝えるのかなとアドバイス頂きたくてご質問しました。

過去にはゲームを取り上げたり、ペナルティを与えたりもしてはみましたが、今では作ったルールなどもうやむやになってる感じです。
私としてはゲームばかりしている息子を見ると不安で仕方ありません。
お忙しい中ですのでお返事はいつでも構いませんのでどうぞよろしくお願いいたします。





ご質問ありがとうございました!

ご質問くださった方へは
下記に記したような感じのことを
対話式にお話しさせていただきました^_^


ここでは
僕自身が思うことを書いてみたいと思います。

僕自身はゲームへの熱中に批判ができないほど
ゲームに熱中した時期もあります。

今でも美容に熱中してますしね(笑)

ましてや、僕には子どもがいませんので
あまり回答する側としてはふさわしく無いとは思っています(汗)

が、
思う節はたくさんありますので
こんな回答にご興味あれば一読してください^_^

ゲームは必要なのでしょうか?



今も昔もこの問題は大変ですよね(^^;;

公園で野球をしないでゲームをやりあってるのが異様な光景だとよく聞きますしね。

お母様にとってはとても悩ましい問題かと思います。

こういった答えにはもう既に多方面から出きってしまってるように思いますし、時代もあったり、皆様の中でも賛否も全て理解し合っているような気がします。

奇をてらったような回答が良いとも思えませんので
正直に僕の思う感じで言いますと

「お母様の主張を大切にしていただきたい。」

そう思います。


「子供のために」

そう考えているのはお母様であり
それは、現在におけるいろんな情報と、今過ごされている環境とを擦り合わせて考えられた結果だと思うからです。

とはいえ、
僕が細かく家庭内の環境までは把握できてはいませんので、親子間の意見の違いにはどちらが正しいとは言えることでは無いのですが、、。


参考程度に僕なりの意見を(^^;;


「ゲームの良し悪し」

どうしても、どちらの言い分も理解できちゃうので
いろんなことを矛盾した言い方にもなるとは思うのですが

僕としてこういった流行ものってその時のカルチャーになるわけですから
なんだかんだとポジティブに捉えています。

「あの時ってこれ流行ったよね!」

そんな会話が生まれるのって
歳をとってこそ感じる思い出ですよね^_^

しかし、
やっぱりゲームオンリーで考えると
どこか悪のような存在でもありますよね。

公園で集まってゲームをしている。

やっぱり公園では運動をしてもらいたいものです。


でも、角度変えて考えて見てみたら、


公園で集まって野球をしている。

公園で集まって将棋をしている。

公園で集まってトランプをしている。

公園で集まって恋愛話をしている。


僕としては割とどれもよく似たことなんじゃないかな?


と思えちゃうので否定的な感情はさほど生まれません。

仲間で同じ趣味を共有し合っているんですよね。

たとえ1人でだとしても
何かに熱中することによってそれが未来に役立つこともありますしね。


よく聞くゲーム関連の善し悪しを問う話の中に

「ゲームが大好きだからゲーム会社に入った!」

そのケースはたくさんありますし

「野球が大好きでプロの選手になった!」

「もしくはそれ関連の仕事をした!」

好きなことが仕事になったケースは少なくないことかと思います。

何かしらのキッカケから
将来の仕事って決まるケースが多くありますよね。

「好きこそ物の上手なれ」

この言葉で満たされていく事が増えていくならば
とても幸せな言葉です^_^

将来、自分の好きなことで生活していく事ができていたら幸せですしね!

「子供にとってのゲームの存在は、子供をどう育てていくのか?」

それを少し真剣に考えてみるのが良いかもしれませんね。



僕はゲームもしてはいましたが
できるだけ多くのことを吸収する事が好きでしたので
1つだけに固執せず、あらゆる事を取り組んでみました。

子供のくせにこんな事考えていました。

「大多数がしているものだけにとらわれず
誰もしていないようなこともたくさんしてみることの方が将来的には秀でるのでは?」


と思えていたんですよね^_^

多数がしているからこその仲間が増えたり、話題などの共有も豊富にあふれますしコミュニティの大切さも学べます。

だから、多数の魅力は満載かとは思うのですが、
ここはあえて少数派な意識もたくさん持ってみると良いのかなと。


現代は、公園に行けばゲームをしている子ばかり。

休みになればゲームをしている子ばかり。

レストランに行けば必ずゲームをしている子を見かけます。

一家に一台

ゲームがない家庭はないですよね。


そう考えると
ほとんどの子がゲームをしていて
多くの大人もしている時代です。

まさに熱中度の高い物です。


好きなことに熱中しているという意味では
部活だってそうかもしれないですよね。

明けても暮れても野球ばかり…笑

大好きな野球をずっとやっている!

とても良いことでもあると思うのです!

「熱中」

これって根気もいりますし
継続力も養われるとは思います!

流行っているものならば仲間意識も強まります!


熱中するのってとても素晴らしいことです!


でも
あえてここで立ち止まり
ふと考え、覚悟を決めてみては?

未来を早めに予測して活動してみては?



そもそも
「子供のうちに何を身につけさせたいのか?」

「子供は何を身に付けたいのか?」


それは
ゲームなのか?
勉強なのか?
スポーツなのか?
コミュニティなのか?

そういったことを考えてみては?
と思ったりします。

ちなみに僕は
そう考えて小学生を過ごしていました(^^;;

子供が自分で判断するのは稀でしょうから親の声も重要ですよね。

ザックリと15歳くらいまでが親の声の元で過ごす感じだと思うのですが
(実際には社会人になるまではお世話になってますが)

親の声が届きやすい時にこそしっかりと意識を持った生活をするためには
ゲームや部活に明け暮れただけで過ごしてしまうよりも
あらゆることを経験させる方が良いのかなーと

ゲームならば早期に経験させ、さらには熱中もさせ、きっぱり小学三年生くらいにはゲームは卒業!!
並行して運動関係の習い事や音楽も良いですよね。

小学四年生くらいになると身体も強くなってくる頃ですから
集団競技の参加、冒険心などをくすぐらせるような環境を作り自然などに楽しさを見つけださせ創作的な事を積極的にやらせてみる!

そして中学はめちゃくちゃ勉強してみる!
部活もあえて中学まで!
その間だけをめいいっぱいする!!!!

友達の種類も1グループで過ごさず
たくさんのグループに顔を出す!

高校はバイトなどを通してお金の事を知ったり、社交性、マナーやモラルの勉学、本や映画などを通していろんな角度からの目線を知ることや、恋愛や友好関係などからも社会性を身につけるような活動をして

そして、
将来のイメージを持って
大学選び、道を選び、

学生最後の時間をめいいっぱい体験に費やす。

そんな感じとか良い気がしませんか?

まったく普通なことなので普通にそれをしていてもなにも身につきません。
それだったら何かに熱中していることを応援した方が良いかもしれません!

しっかりと狙って行うだけで質が高まり身についていく事が充実していける気がします。

狙いとしては
経験の幅を広げてあげること!

経験のステップを意図的に上げていかれるのが良いのかと!

子供のうちに
工作や音楽、料理や実験など
創作的な事を学校外の所で積極的に体験してみる!
子供の頃から知的好奇心を刺激しまくる!


ゲームも知的好奇心の一つですし
ゲームの存在に負けない環境を作る!

とにかく知的好奇心を刺激する環境づくり
これが最も重要だと思うんですよね。



僕はそんな風に思ったりします。

学生にしかできない体験こそが将来の恵みになりそうですし
ゲームだけで、部活だけ、勉強だけで終わっていくのにはなんだかんだとリスキーな気がします。



何事も熱心なのは良いのですが

自由が許される限られた時間の中で
体得していくべき事は様々な体験では無いかな?

もちろん、文武両道!
全てに力を注ぎながらです!

一生懸命をテーマに様々に活動を!

ダラダラさせてはだめ!

学生時代にこそ差をつけられるわけですから
その時間を有効に使うほどに人間力や人の持つ幅など
それらが形成されていく時間になると思います。


とまぁ
たとえそう狙ったとしても
簡単にいかないのが子供でしょうが…

何かしら具体的なイメージを持っておくだけでもかなり変わっていくと思うのですよね。


言うことを聞かせるのではなく
自発的に知的好奇心をくすぐるような環境を作ってあげる。

可能性を広げてあげるのは親の責任でもありますよね。




偉そうながらにも
僕はそう答える感じでした。


ちなみに僕は自分の過去を振り返ると

上に書いたような過ごし方をしてました。

自分の過去を振り返ると



子供のうちから好奇心旺盛で、自制心を持って活動するなんてのは
なかなかできることではないのでしょうが、僕は自ら選んで過ごしていました。

我慢すべきことは自分の意志で我慢する。
やり遂げるべきことは必ずやり遂げる。


もちろん親の声もあってこそですし
甘えてしまうこともありましたが

何をするにも責任感を持って活動をさせられていました。

「困らせたくはない」

これが一番にありましたし
そういった親の存在にはとても感謝でした!




ゲームにつきましては熱中してはいたけど

僕の場合は単純に

「疲れるから長くやる事はなかった」

それが一番の理由だったかと思います(笑)

集中しやすい性格なだけに
平気で48時間くらい寝ずに食べずにテレビの前でゲームクリアを目指したこともあります。

今思うと危なかった(笑)


最近でも変わらない感じで
1年前にパズルゲームを教えてもらったのですが、
それをクリアするまで夜中じゅうやっていたりもして…
全て最高得点でクリアしないと気が済まない!!!!
と思ったら最後、達成するまで休まずにやってましたね。。

ゲーム内の世界ランキングに10位以内に入ったほどです(笑)

やりこみすぎ!!!


ゲーム以外にも、
ここでは話せない事もたくさん
やりたい事全てやっていましたね。

何かしたいと思った時は
見境なく無我夢中でした。

めちゃくちゃではあったのでしょうが

「困らせない範囲で好き放題やらせてもらえた」

たくさんの思い出と経験を手に入れました!


と、こんな性格だからか

徹底的に集中してしまうタイプなので
疲れるんです!!!!

やれば疲れる!!!!


だからもあってか
妙に悟ってしまってましたね…

ゲームに関して言えば
「あ、これって無駄な時間だろうな」

今思えば
熱しやすく飽きやすい性格がプラスに働いていたのかな?

「三日坊主ですぐ飽きやすい」

もそうだったけど
何するにもせっかちだったから

「三日以内に終わらせる!!!!」

これがすごく子供の頃にはよかったりしたんだろうなと思えます。

三日坊主のおかげでいろんなことしました!
飽きやすいおかげで、ある一定の成果を終えたら次々とチャレンジしていました!
バイトもころころ変えていたのもそれですよね。

友達もたくさん作りました。

小学生を卒業したら
中学では全く新しいグループで過ごし
高校に行けば、また中学では今までの友達では無い全く新しいグループで過ごしていました。

友達が変わると趣味も変わるので
新しい趣味を見つけたり
音楽を知ったり

友達の幅が広かったおかげで
たくさんのカルチャーを身につけられました!

若かれし頃にできる事の全ては
全部経験したような気がします。



こんな飽きやすい性格でもあったから
「美容師もすぐに辞めるだろう」
と思われてもいました。

でも
そうはならなかったのです!

こうして今も続けられていますし
高いレベルで継続出来ていると思っています。

仕事に限らず
何においても継続の大切さを感じてますし
人に対しても長く飽きずに付き合っていくことの方が好きになっています。


どうしてそうなれたのか?


ここがポイントですが
たくさんの事を20歳までに経験してこれたから
ある程度満足してしまったのですよね。

三日坊主ではダメなことも学べました。

経験を重ねるごとにいろんなことがシンクロして考えられるようにもなり
一つの事から十個のことまで広げられるような
そんな能力を身につけられました!

最初はスポーツ音痴だったのも
今ではめちゃくちゃ上達していますしね!

それも多くの経験から進化できているのを実感します!


しかし
そこにはいつも楽しさのための苦労が絶えなかった。

苦労を買うことが良い結果を結ぶことを教えてもらえたから
苦労の味がおいしく思えていました。



全ての経験がめちゃくちゃ活かされている!


仕事に就く頃には
リアルな経験のままに自然体でいられましたから
特に背伸びすることも無ければ
生き急ぐこともなく
妙な疲弊感はなく

自由に物事を感じ、
高尚であり、下品でもあり、生臭く生きていられている気がします^^

もちろんまだまだ全く経験できていない事もありますし
経験豊富だからといって偉いわけでもありません。

そもそも、一般的な生活も知らなかったりしていますしね。

なんだかんだと一つの人生しか歩けないわけだから
やれる範囲のことに精一杯熱中して生きていきたいですね!

僕には僕のキャラクターがあって
ワクワクしながらいろんな事を取り組めている今の時間に幸せを感じます!!

自分の事を大切に、そして好きになっていただきたい


僕は僕が好きで生きてますし
生まれ変わっても喜早純也でいたいと思ってます。

それって
めちゃくちゃ親に対する感謝になりますからね!

「産んでくれてありがとう!」

そう思える幸せな道を歩けています!


僕の例はこんな感じではありますが
皆様も自分のことを自分で褒められるような人生にしてほしいです。

それは自分のスケールで良いと思うのです。

自分の事を大切に、そして好きになっていただきたいし
そんな家庭であってほしいなと思います。


だから
お母様の「子供のために」を尊重していたいですし

そこにゲームが不必要とお考えになったとしたら
覚悟を決めて違う経験させてみた方が得策かもと思います。

「ルールをしっかり決める」

それだけでもよいかと思いますしね^^

何より大事なのは
「自発的に知的好奇心をくすぐれるような環境を家族の中で作り上げていく事かなー」

思いました!



僕としてはこんな回答になりました!


娯楽で周りを幸せに



ゲームって娯楽です。

娯楽ってとても大切なことだし
生きてる中での楽しみですから
絶対に欠かせないものです。

僕も娯楽は欠かせません。

その娯楽というものが
できることならば他人が楽しめるようなことならば尚更嬉しいですよね。

ゲーム会社からしたら
多くの方が喜んでるわけですからとても誇らしい事とは思うのですが、


だけど

ゲームのユーザーは
「自分だけの世界で楽しんでいる。」

基本的には単数で完結しています。


もしも、自分が好きな事
娯楽のような事が人が幸せになるのならば

そんな娯楽を見つけてあげてほしいですね!



僕にとっての美容という仕事は娯楽だったから
自分も他人も幸せになれる仕事であったから
本当によかっなと思っています。

違う仕事に就いても
きっとそのように思えたと思う。

僕にとって仕事は仕事だけではないのです!

バイトの時も娯楽に変えられました!

娯楽だから熱中していられる!

熱中しているから成果が出る!!

熱中がプラスになる環境づくりを応援しています!



P.S

「好きこそ物の上手なれ」

僕は何をしても全部好きですね^^

ゲームも勉強もスポーツも寝るのも

たまたま美容師になったから
美容が大好きになれましたし

大好きな気持ちってすごくて
本当に飛躍的に成長させてくれます!

19歳までに多くの事を経験していたからこそ
今でも経験を大切に思えていますし


何事にもめちゃくちゃ熱中したからこそ
こんな気持ちと成果で過ごせています!

自分の過去次第ではいくらでも飛躍していけます!


そんな環境を与えてくれていた親や友達
またその事を理解してくれていた先生たちに感謝しております!

大変申しわけございません、
ご新規の方、初めて担当させていただく方は
喜早指名に限り 初回のみ指名料1万円戴いております。


LINE@もぜひご登録を!
 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
 
アメブロも日々更新中! 
 





 








   
   






















ー プロフィール ー

1977年生まれ 喜早 純也 belog chez vous代表。
2008年よりbelog を設立。2013年にはbelog chez vousの名で拡張リニューアル。
代官山・恵比寿においてトップサロンとして牽引中。
撮影からサロンプロデュース、シャンプー&トリートメント製作、へカタログ出版、教育、美容師としてもコンテストなど数々の名誉を受賞し、あらゆるジャンルをマルチにこなす。サロンホームページ、こちらのホームページもすべて自己プロデュースで製作。 
自分の声と自作のみで表現することに徹底し、お客様に「正直な生の声」として信頼をいただけることに努力しています。
技術では一人一人の髪質や骨格、ライフスタイルに合わせた独自のオートクチュールカットで、出会えた全てのお客様に満足と発見をお約束するスペシャルスタイリストです。





SALON imformation

■年中無休■

 火曜~金曜日 12:00~22:00 (最終受付20:30)
 土・日曜日  10:00~21:00 (最終受付19:30)
 月曜日・祝日 11:00~17:30 (最終受付16:30))
 ※喜早の休みは基本的に水曜日となっております。

 サロンホームページ
 PCサイト
 プライス&アクセス
 スタッフ&ブログ
 

 TEL.03-5794-8072
 〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-16-12
 ABC.MAMIES 5F
 mail@hair-belog.com