本文へスキップ

美容師 喜早純也 の個人メディアです。

TEL.03-5794-8072

東京都渋谷区恵比寿南1-16-12 ABCMAMIES 5F

美容師 喜早純也のパルプンテラス ブログ

 


2015.10.28
「カラーでかぶれるニュース!! かぶれる前に読んでください!」

この前の記事を見て なにこの人?? って方が多くいたのですが せっかくなので動画で見てください!!




そうなんです この方 僕のおやじです!!!



東京に来たのは10年ぶりぐらいかな?
誰にでも恥じらいなく明るいこの姿 超尊敬です!!

うちの親父 めちゃくちゃダサいんですよ

なんだか声でかいし
不恰好だし
首が無いし
ズボン胸まで上げてるし
いい加減だし
誰にでも愛想いいし
誰の前でも明るいし
誰の事にも褒めれるし

そして
誰の前でもバカできるし

だから めちゃくちゃカッコいいんすよね!!


僕にとっては 正直、 世界一尊敬できてる男です!

6年ぶり?くらいに会って
それから2時間くらい過ごしたわけなんですが

いきなり下手くそな音楽やったりとか
スタッフと抱き合ってたり
いきなり叫んでたり
頭おかしいと思うようなキャラだけど
こんなオヤジいたら

めちゃくちゃ羨ましくないっすか?


この人みると常思うのですが、
みんなね 周り気にしすぎなんですよ

これやったらどうしようとか
これやったら嫌われるかなとか
これやったらはずかしいかなとか

もちろん、
それはとても大事なことなんだけど、

ほとんどの人が、
はずすことすら期待してます!
成功よりも不成功も楽しんでくれます!
毒っぽさだってカルチャーにすらなります!

お互いの目の前に起こってる事だから、それなりに空気的な物ってのは共鳴していってるはずなんです。

相手のこと疑うよりも信じた方が良い

それよりももっと問題なのが

目に見えない第三者の噂に気を使いすぎ

僕はこうやってブログも書いたり社長もしてたり
接客業してたりと
常、あれこれ言われたりもする立場ですけど

最初から今まで実感してきているのは

そもそもの アイデンティティてのを自覚したほうがいい。


僕にしかできないものも
僕にはできないものもある

少なくとも
僕は、自分が楽しむ事から相手が幸せになってほしい
相手が楽しむ事から自分が楽しめたい。

その循環にだけにしか興味がない。

だから 楽しめあえないのならば それはそれで反省とともに受け止める事しかできない。

んでも、そこから改善は絶対にしなくてはいけないのですが。

でも、みんなを見てると その声に耳傾けすぎて 臆病になりすぎていて‥

やってしまえば楽しめることを封印してしまったり、
クレーム一つで臆病になりすぎて、キャラクターがこじんまりしてしまっていることが多々ある。

人を怖がるようになってしまって、、、

何も知らないで笑顔を期待してる人にまで負担かけてたりすることってよくある。

当然反省してるからなんですが。

理不尽にお叱り受ける事すらあっても
理不尽のきっかけを作ったのは自分であっても
人が怖くなってしまっていく事がある。

その人と目の前の人とは違うアイデンティティがあるのに。

経験を積んでくると予想を立てようとしてしまいがち。

「あーしたらこうなりそう」 って
悪いイメージに吸い寄せられてくことが良くある。

どれだけごちゃまぜにしても、必ず一人一人には個性があるから

統計的なところからは一歩引いて一人一人を見つめないといけないんですよね。

髪の毛なんてのもすべてそう。
誰もが違う髪であり顔であるから、パターン化をしてしまうことができないんですよね。

料理にしても、僕は必ずその素材の味を確かめてから調理します。
同じキャベツでも季節も違えば味が変わって当然ですよね。

僕はそんな風に髪の毛と向き合っています。

同じ切り方をしたことが無い。

その日のその方を僕なりに感じ、 戴いた料金に責任をもってベストをご提供しています。

ベストであれるように、日々努力しています。

でもうまくいかない事もあったり
時折嫌われることもあります。

いつもと違う部分や、フィッティングが合わなくて…

それは料金いただいている限りとても申しわけなく思います。

だけど、そこから臆病にはなりたくないんですよね。

一人一人を見ようとしてるからこそ生まれるシンパシー

そのシンパシーがイレギュラーすることがあったからといって
誰しもがに、安全な決まったマニュアルレシピでご提供はしたくないのです。

そうなるほどに僕自身の個性がなくなり
個性がなくなった僕からは、その方の個性が見えてこなくなるからです。

「無難」
これほど残念なご提供は無いと思っています。

その方は日々進化してるから僕はその方の進化に気がつかなくてはいけない。

その為には恐れを持たずに積極的にその方を感じることだと信じてます。

それは無言であるほどに
必ず感度を上げて受信しています。

とても難しいことなのかもしれないけど 長く皆様の髪を担当し、リードしていくためには 僕自身が恐れを持たずに進化をしていく事だと思っています。

こんな性格だから 多少なりとイレギュラー生じますが…

「嫌われてもいいやキャラ!」


そんな風には簡単に思えないのかもしれないけど
僕は博愛主義でありながらも、嫌われてもいいとは常に思っていて、
嫌われる事が好きだったりもする。

嫌われることで、さらなるアイデンティテイを実感することになって 「自分」てものをまた教えてくれてる。

人に嫌な思いをやらかしといてなんだが、 「怪我の功名」ってのをいただいていたりする。

そこに絶対的な成長を感じるし 心の底から反省する。

だけどまた、嫌われてもいいと思って平気で過ごす。

図太いといえばそうなんですが、繊細でありそれを図太くしていきたいんですよね。

もっと 「自分とは何なのか?」 てのにいい加減になってみて
いろんな答もらって
そこから良い加減になっていくことをお勧めしたい。

スタッフにも、もっと一人一人から感じるものに素直に反応してもらいたい。


だからこそ 一つの決め事、「マイルール」を作っとくことかなと。

僕のマイルールは
僕は僕の役割として 喜びや笑顔を探す事に努め
笑顔を咲かせなかった方へは心から懺悔して
その循環が「良い加減」のアイデンティティを生み出していけるといいなと。



昨日はご新規の方に対応させていただきました。

すごく癖が強い方でして…
「まさか自分の髪がこんなになるなんて!出会えてよかった!!!!」


そんな声をいただきました!


9年来のお客様からもこんな声をいただけました!
最近白髪に悩んでて、僕がその解決策を話したら

「喜早さんでよかった!!!!」 と!


そして、 美容学生の子が見学に来てくれて

「自分の歴史に残る人物になりました!!!」
と、

彼の未来になれた存在になれた気がした!


ほかにもたくさん感動の声をいただました!


夜もスタッフと群がったりして激熱な話をしてテンション上がりました!
店の大掃除をしました!!

ゆーへーが休みの中、登山の事でアドバイスを求められ、
山に登る神髄まで語ったりした。

誠が苦戦しているスタイルに、目から鱗になるようなカット技術を教えられた!

柿ちゃんがモデルさん3人やってたんですけど、
その都度完成形を高められるアドバイスして
夜中まで美容の話が尽きなかった!

前田君が僕の昨日のブログに感動したらしく、
フェイスブックにシェアしてくれてたみたいで
なんか、そこにある確かなものをかみしめあえた!

キッドが美容学生に熱く語る姿を見せてくれて、
半年たったとは思えないたくましさを感じさせてくれた!

すがーが毎日経営の報告をしてくれるのですが、
昨日語り合ったことが活かされていたらしく
すごく学べる姿を見せてくれてた!

高橋さんが、僕が怪我をしてたので世話してくれた!

ミモが終始僕のそんな一日を追っかけまわして、親父の真似してからかってきた!!

そんな1日になりました!


毎度同じ感動は与えられてないのかと思うけど
こんな日が珍しいわけではなく、日々こんなことばかりの自分なんです!

世に言う リア充なんでしょう!



今日この場で言いたいのは

自分のオヤジを見て確信した事。

自分の持つべき軸の素直さ
ここに尽きるなと思えるのです。

僕は彼の姿を見てきたから
今日のような日が毎日あるのです!

人が好き

だから
1つでも僕で良かったと思っていただけるような
そんな自分作りの先が 誰かの笑顔になれたらと思う。

だから こんな変な親父もいるんだから
みんな恥ずかしがらないで
失敗の経験に怖がらないで
もっと自分が今見てる目の前のことに感度高くして
生まれてきた自分のポテンシャルを遠慮なく引き出してほしいね!


そしたらもっと
人生の毎日に激熱な劇場が開かれていくのだと思う。



あなたはあなただから
そこにある何かの感動になる光に気がつきたいし
そのために
僕はその1人の存在の瞬間さえも噛み締めたい。


image

LINE@もぜひご登録を!
 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
 
アメブロも日々更新中! 
 





 
 








   
   









ー プロフィール ー

1977年生まれ 喜早 純也 belog chez vous代表。
2008年よりbelog を設立。2013年にはbelog chez vousの名で拡張リニューアル。
代官山・恵比寿においてトップサロンとして牽引中。
撮影からサロンプロデュース、シャンプー&トリートメント製作、へカタログ出版、教育、美容師としてもコンテストなど数々の名誉を受賞し、あらゆるジャンルをマルチにこなす。サロンホームページ、こちらのホームページもすべて自己プロデュースで製作。 
自分の声と自作のみで表現することに徹底し、お客様に「正直な生の声」として信頼をいただけることに努力しています。
技術では一人一人の髪質や骨格、ライフスタイルに合わせた独自のオートクチュールカットで、出会えた全てのお客様に満足と発見をお約束するスペシャルスタイリストです。





SALON imformation

■年中無休■

 火曜~金曜日 12:00~22:00 (最終受付20:30)
 土・日曜日  10:00~21:00 (最終受付19:30)
 月曜日・祝日 11:00~17:30 (最終受付16:30))
 ※喜早の休みは基本的に水曜日となっております。

 サロンホームページ
 アクセス
 メニュー
 スタッフ紹介
 

 TEL.03-5794-8072
 〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-16-12
 ABC.MAMIES 5F
 mail@hair-belog.com