本文へスキップ

美容師 喜早純也 の個人メディアです。

TEL.03-5794-8072

東京都渋谷区恵比寿南1-16-12 ABCMAMIES 5F

美容師 喜早純也のパルプンテラス ブログ

 


2015.10.16
「日本一を確かめる旅 IN 北海道②」

網走から知床に向かい

3時にホテルへ到着!!

今回お邪魔したのは
北こぶしさん!!



5つ星に認定されたという名店!!



1泊させていただいたのですが

ここに来てよかった!

と思える宿でした!!




すぐさま
世界遺産の森
けものみちトレッキングツアー

にいってきました!!


今回の旅のハイライトっす!!

ヒグマに出会う確率が一番高いとされる
けものみちツアー!!!





そうなんです


ヒグマに会ったら危険なんです!!

だからこそ
プロのガイドさんと同行して
ヒグマの習性や対応をしっかりと熟知していかれることをおススメします!!

そして
ヒグマに出会っても近づいたりしてはいけません!

餌をやるなんて絶対にダメです!!!
言語道断です!!




ガイドさんに
こんなハガキいただきました↓







僕は動物が大好きです

全国いろんなところで動物と出会ってきましたが
どこに行ってもこの「エサやり」問題はありますよね。。


可愛さあまりの行動や
無知による行動。







そもそも
動物を見に行くこと自体が不条理なのかもしれません。


動物にとっては、見られたいとも思ってもないわけで…

ましてや人間と仲良くなることも望んでなかったりしてるのでしょうし、

人の起こす行動の反応一つが自然界の秩序の乱れにつながるのかもしれないんですよね。

固いこと言い出せばきりがないのですが
僕の娯楽一つで悲しみの連鎖を生むことは当然ありえるわけです。


動物たちにわがままを許してもらえるためにも
マナーをキチンと守ることを約束し、穏やかに楽しませていただけたらと思います。


特に知床はそういった場所としても世界遺産に登録されています。

世界遺産として登録された理由がとても素敵でして

冬になるとロシアの方から流氷がきます!
すごいですよね!海がすべて凍ってしまうんです!!



ロシアまでの距離を氷の上を犬ぞりで渡った方もいるらしいです!!

めちゃくちゃ遠いんですけどね!!
犬も大変です!!!!

そんな流氷には多くのプランクトンが含まれていて
そのプランクトンをサケなどの魚介類が食べます!

そこに
サケが大量に産まれるのです!!




そうすると
森の野生たち動物たちにとっては、こうした豊富な恵みが生まれ
クマや鳥がそれを食べ
糞尿、死骸などが森の肥料になり、森が活性化していくのです!





しかも!!
この流氷によって地形はどんどん崩れていったそうで
海から森、川、そして山頂までの距離がとても短く




この海と山の近さにより
知床半島ならではの素敵な自然の生態系を維持されているのです!!!


これはとても貴重なことらしく
そして、本来あるべき自然の姿なんだそうです!

今ではそれが貴重となってしまったからこそ
世界遺産となったわけです!



世界遺産になった理由がしみじみと伝わり
今回の経験でさらに
動物も人の命も等しくあることを感じた旅でした。

そんなわけで
けものみちツアーに!


ベテランの小林さん!!

山の中を歩き回るのが日課!

鹿の角を見つけるのが趣味らしいです!!



へぇ~~

鹿って角が取れるんですね!!

僕はてっきり
虐待的に角をへし折ってしまってるのかと思っていました(笑)

めちゃくちゃ痛そうだな~
とか
可哀想に。。とか

いわゆる
象牙的な感じ??


ちょっと学んだことですが
鹿の角はとても重くて
半年ぐらいで成熟するらしく一年に一度生え変わるらしいですよ!!!!




そんなことや
あんなことを教えてくださりながら

いざ!!
けものコースへ!!




すげ~茂みです!!

「ほぅ!」「ほぅ!」と
声を出しながら進んでいくのですが
いつどこでばったりヒグマに会うかわからないらしく
めちゃくちゃスリルあります!!!


まぁ
僕も
なんだかんだと

モーニングジャングル経験した男ですからね!!!

僕の雄姿↓
http://ameblo.jp/hair-luxe-belog/entry-11956442193.html





とまぁ

悪ふざけは危険なので

ここはしっかりガイドさんと一緒に(笑)

森の中を探索していきました!



いろんな森を歩いたことありましたが

やはり独特なんですね

北国特有と言いますか

南国とはまた違い、木々の隙間が多くとても歩きやすいです。






風が強く環境が厳しいのでしょうね



こうした自然の影響で折れてしまっている木がたくさんありました。





自然の宝庫といえど
意外と感じたのが
虫がたくさんいるわけでもなく
鳥がたくさんいるわけでもなく

やはり北国
知床ならではの生態系があるらしいです。


知床は知床の規律があり
ここで生まれた木や花や動物たちが
食物連鎖によってまたここで生まれ変わっていくのですね。




歩いていたら
鹿を見かけました!



森以外では何度も鹿を見たことがあるのですが

こういった環境において野生の鹿に出会ったのは初めてで。

鹿との距離。
神秘的な間と言いましょうか

こちらのことを見つめて
僕らも彼を見つめて

そこの間にある何とも言えない距離が
他では感じれない緊張感をが生まれ

ただただ

「お邪魔させていただいています。」


僕の方が彼らの所にお邪魔しに来てるということを本能で感じました。


ここは彼らの住む場所であり
ここで死に生まれ変わっていく。
森を破壊されることも
身勝手に命を奪われることもない

その形こそが自然な食物連鎖であり、
本来の地球上の始まりの姿なんですよね。


そこには長生きだとか
幸、不幸などの社会は無く

「繋がり」

生態系の中での自然な繋がりこそが
この今の全てであって




それぞれが
生き抜くための活動に精いっぱいになっていて

そして例え命無くなろうとも

死骸が養分となり虫や木々に栄養を与え。

そこに倒れた木々も、枯れて生涯を終えたと思えば

そこからまた土になり、木を育てる。




その木があるからこそ
僕たちも生存できている。

そのかけがえのない命の繋がりがあるからこそ
僕たちも生かせてもらえている。

空気が生まれ
水が生まれ
生命が生まれ

僕たちを生かしてくれている。



こんなことはすべて
わかっていることなんですよね

学んでいることなんですよね


だけど
忘れてしまっているんですよね


誰かが何かをしてくれているということ。



僕たちは
それを利用する側だけの
一方通行になるだけではなく

使わせていただいてる事に

頭を下げて
感謝し
遠慮し

そこから生まれてくるありがたさに身をゆだねていくべきなんだと思います。



人間のとってる行動のほとんどは
地球上においては身勝手な動物なんだという自覚をもって
美しき大義名分で終わるのではなく

身勝手を押し通すのならば、その部分をきちんと理解して
奪ったり、甘えさせていただいている事へ心の底から感謝しなくてはいけない。
先進国は特にその姿勢でいなくてはいけない。

この世界では
自分に甘える人もいれば、自然の環境に沿う人もいて

それは人単位、街単位、国単位でやれてるところも実際にあって
地球を大切にできてる人はきちんと存在出来てるんですよね。

僕は美容師だから、環境に対してすごく悪の存在です。

完全に僕の好きなことをやらせていただいてることになります。
だからこそ
甘えてばかりではなく、地球には何かで還元したり

身勝手ながらにも美容の力で
「笑顔」これが咲き乱れたら
きっと自然や物事に対して優しくなっていけると思うのです。

今の時点で僕のしたいことはそれであり、僕のできることはそれだと思うのです。

大切にすべきことをきちんと整理して生かせてもらうべきですよね。





海に出ました!




どこまでも永遠なんてのは無いですが

こうして
自然から学ぶ時間ですが
自然がつくりあげた時間に対しては
僕のこの時間はほんの一瞬のことで

解りきれることなんてないからこそ
ただ単純に




永遠に地球が美しく生存していってほしいと願いました。




ここは南国のようなきらびやかな美しさではなく
自然の生命の息吹の美しさが見えます。


こんな海に爆弾落とすことをしてるのも事実で


見渡す先は北方領土らしいですが

国対国の問題
人対人の問題
世界中で起こる乱争

ここにいる動物たちには何の罪のないことで巻き添えになっていたりしてる事もあって






戦争反対とか
政治に一票とか
選挙は必ず行きましょうとかすごく大事なんだけど


そもそも
そんな事を論点にしてる国である事の方が問題だし
そんな事を論点にしてない国の方が圧倒的に多いのに


戦争という言葉も過去も一切排除して
余計な争いをイメージする必要なんてないこと

自分達の過去の出来事に執着していくほど固執化していくと感じます。

何のしがらみや利権、悲惨な過去を戦争から学んでも、
やってる事は結局
まったくの罪のないところに害を及ぼす迷惑行為なことだと知りたい。


ある国の方がテレビで言っていました

「ここは何も争いなく、みんなで分け与え合いながら生きているのに
なんで巻き込まれなくてはいけないんだ?」
「なんで自分たちの自給自足のために作ってた田畑が壊されなくてはいけないのだ?」




それこそが、全員が事実に目を覚ます事が必要です。


僕は思います

人対人の問題に
罪のない命を巻き込まないようにしたい。

喧嘩やるんだったら外でしろ!


人の命の数万倍の数の命が叫んでいるわけです。


戦争するかしないかを決めるのは20歳から?18歳から?


いやいや

人が勝手に決めることじゃないだろ?



ふと空を見れば声が聞こえてくるはずなんですよね。


そんな事は、「人間様が自然を守るぞ!!」という立場ではなく
当たり前として
声なき声に耳を傾けてあげることです。

と、
偉そうに言っても、地球を傷つけてる側でもある僕。

地球を傷つけている責任の下
精一杯笑顔の溢れさせられる美容師になり
少しでも美しい髪や美しい心のつながりを増やし、
笑顔を生み、その力で平和な世界にし
地球を大切にしていきます。





今回はヒグマに会うこともなかったですが




ここにいたんだなー

そこにいた証に身震いしました。

もしも
ヒグマにとって僕が邪魔ならば
当然の報いを受けるべきでもあるわけですよね

ヒグマが邪魔だから、当たり前のように射殺するという一方通行の発想では情けないです。


そういった気持ちから
譲り合いが生まれ、無駄な殺生もなく
クマだって僕らに何もしません。

無為に殺そうと発想するのは
結局のところ人間だけだったりしてるわけですね。


命の等しさとは何なのかや
緊張感と覚悟のある旅を感じれました。


「共存」

譲り合いと感謝
この事を真剣に感じました!



この地球を使わせていただき
ありがとうございます!!



お礼を伝えました^^





このツアーは3時間のトレッキングでしたが
僕の熱さのせいか(笑)
ガイドさんがとことん引っ張ってくださって
4時間も連れて行ってくれました!


いやー
めちゃくちゃ勉強になったなー!

本当にありがとうございます!
なんだかんだと人が好きです!!




そして

夜はさらに勉強を!




これ絶対おすすめ!!


ホテル北こぶしで体験できます!!

料理もめちゃ美味かった!!!



知床の岬を見に行こうと
4時間のクルーズに乗りました!






片道49キロ??
確かそれくらいの距離だったような…
とにかく長いのですが

海からはヒグマが見えて




こんな風に生きてみたいな~
って思ったりなんかして





岬に辿り着き
(結構船酔いです!!)

世界遺産の形状をしっかりと目に焼き付けました!!


そしてそして

その後は
知床峠に行き(なにしとんねん!!てなくらいハードですが)




自転車で
およそ20キロ??

のダウンヒル!!

これまた
僕の情熱にガイドさんが熱くなり

降りるはずの所を登ってみることにしたり




随所随所の名所や

動物ウォッチング



昨日はいなかったのに
余裕でいました(笑)



時速40キロくらいで降りていくのですが

自転車のことを学んだり
ここで過ごすことの意義だったり
男のロマンだったり

2時間程度の所を
3時間も連れて行ってくれました(笑)






長々と暑苦しいこと書きましたが

僕は生きてること全てが楽しいですし
誰もが隔てなく好きです!

博愛主義と言われるのならばそうなのかもしれませんが


僕は僕なりの愛情でしか地球も人も自分も守れないですし
愛せていけないです

その僕なりが
幸せであっていただけたら嬉しいですし
その僕なりが、時に誰かを傷つけてしまっていく事も承知しながら

言い訳なく
身勝手な愛で
日々を突き進んでいきたいと改めて感じました。

こんな僕ですが
いつもご愛好ありがとうございます!
PS
いよいよ日本一旅も終わりを迎えてます!


LINE@もぜひご登録を!
 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
 
アメブロも日々更新中! 
 





 
 







   
   






















ー プロフィール ー

1977年生まれ 喜早 純也 belog chez vous代表。
2008年よりbelog を設立。2013年にはbelog chez vousの名で拡張リニューアル。
代官山・恵比寿においてトップサロンとして牽引中。
撮影からサロンプロデュース、シャンプー&トリートメント製作、へカタログ出版、教育、美容師としてもコンテストなど数々の名誉を受賞し、あらゆるジャンルをマルチにこなす。サロンホームページ、こちらのホームページもすべて自己プロデュースで製作。 
自分の声と自作のみで表現することに徹底し、お客様に「正直な生の声」として信頼をいただけることに努力しています。
技術では一人一人の髪質や骨格、ライフスタイルに合わせた独自のオートクチュールカットで、出会えた全てのお客様に満足と発見をお約束するスペシャルスタイリストです。





SALON imformation

■年中無休■

 火曜~金曜日 12:00~22:00 (最終受付20:30)
 土・日曜日  10:00~21:00 (最終受付19:30)
 月曜日・祝日 11:00~17:30 (最終受付16:30))
 ※喜早の休みは基本的に水曜日となっております。

 サロンホームページ
 PCサイト
 プライス&アクセス
 スタッフ&ブログ
 

 TEL.03-5794-8072
 〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-16-12
 ABC.MAMIES 5F
 mail@hair-belog.com