本文へスキップ

美容師 喜早純也 の個人メディアです。

TEL.03-5794-8072

東京都渋谷区恵比寿南1-16-12 ABCMAMIES 5F

美容師 喜早純也のパルプンテラス ブログ


2015.02.09
「アシスタントの声」



今年に入り、このような形で個人メディアを立ち上げさせていただきました。

運営し始めて1週間ほどですが、おかげさまでたくさんの方からお言葉頂戴しました!
ありがとうございます!
どんな方とでも、どんな距離でも、どこまでも刺激し合えるものですね!
引き続き楽しいお時間をご提供できたらと思います!

そんなわけで、スタッフそれぞれのメディアを作っているのですが、

先日の節分の後の光景↓




今までは、スタッフ全員がアメブロで記事をアップしていましたが
今年からは、全員がそれぞれのメディアを持つことに決まりました。
(アメブロも継続します)


今や美容師にとってブログは普通の事となってきました。
中身の質や数はどうであれ、基本としてそれが「仕事」になっています。

ご挨拶ページにも信念をお伝えしましたが、

記事を書くこと=皆様に伝えてるということ

見てくださる方の数に限らず、自分のメッセージであることは変わりません。

そんな中での「アメブロ」という存在でしたが、
これからは自分のページを作るべきだなと、、
特に若手ほどそこを「必須」にしていく意識が必要だと。
そういった思い全員でとりかかっています。

それは、ブランディングですか?
自己プロデュースですか?


と聞かれることが多いのですが、

それも一理あります。

しかし、それ以上にもっとコアなところで大切なのは、
伝える力を身につける事!!!

美容師の学歴は高卒です。
本を読んだ数も少ない方が大半でしょう。
スポーツで活躍した方が多いのもよくありがちです。
マナーを知らない子も多いです。
belog もまさにそれです。

そのイケイケガッツ!で挑むだけではなく、
もっと世の中のナニコレを知り、浸透していく存在になること。

当たり前のようにニュースを見て
当たり前のように文学に触れる。

ファッション情報ばかりに目を向けず、社会の基本的なところにはしっかりと目を向けておくこと。

僕たちはそういった一般感覚のお客様にご支持頂いてるからこそ、社会の「当り前」に触れていかなくてはいけません。

時間が無いと言われがちな美容師。
そうはいっても社会は違っています。

当たり前のように本や情報を読んで生活されている
=当たり前のように記事を書ける人がいる


これが今の時代なんだと思います。
手元で情報が入りやすい、昔のような新聞と本だけの生活ではありませんよね。

だからこそ、スタッフたちには「伝える」ことをしっかりと学んでほしいと思っています。
僕も同じく勉強しなくてはいけません。

やはり、伝える力が強い人は受信も発信も長けています。
今からの美容師に必要なのは、受信も発信も両方です。

こんな話をスタッフにすると

「ITは・・・ 僕、作文得意じゃないし・・・」 
と自信を持っていない言葉が返ってきます。

でも、僕は続けて伝えます。

「頭に浮かんだ言葉が書けないのか? 言葉が頭に浮かばないのか?」

「どちらにしてもまずいぞ!!」 と。

お客様にリアルでカウンセリングするとき
言葉が頭に浮かばないようではアウトです。
イメージが浮かんでいるけど言葉が浮かばなかったらアウトです。

残念ながら、今の時代の便利さは読み手側が溢れ、
受動的になりがちで
「思考を言葉に変える力」が弱まっています。
完全に「伝える力」が弱くなっています。

そして、今ありがちなのが
既視感が非常に高くなってきています。

見ていないのにわかった気でいてしまってる。
やっていないのにやった気でいる。
行ってないのに行った気でいる。

情報によって既視感が高まってしまうのです。
僕も既視感におかされることがあります。

僕たちは、「リアル」これが一番重要な仕事であるからこそ
(目の前で製作の作業をずっと見つめられながらする仕事は、美容師がMAXでしょう。
しかもその方の一部である髪。後戻りできない作業です。)

リアルな現場に生きてるからこそ、
どんなことにでも「リアル」を作り上げる習慣を持たさなくてはいけません。

言葉のリアル。 
いわゆる、
思っている心の声を言葉に変える訓練

可愛ければ
「可愛いですね!」(だけで終わらず→) 
「なぜかと申しますと――」
似合わなければければ
「ちょっと似合わないと思います…」(だけで終わらず→) 
「なぜかと申しますと――」

と、
一言で終わらず、きちんと言葉に変えて「発展形」にしてあげることから始まります。

動物の中で唯一持ち合わせていただいた「言葉」
この唯一無二な力。ありがたく使わせていただきたいと思っています。

そこに背伸びはいらないと思っています。
所詮中卒レベルの語学力です。コツコツ伸びていくしかありません。
(先ずは、読み手に対して丁寧であればと思っています)

てなわけで
個人メディア制作に取り掛かっていたら・・・


真夜中にアシスタントの木村君からラインが ↓
(グループ名が「本気の文しか打つなよ!!」 です(笑)
(軽めと重めを分けてます)



読みにくいので転載します

遅くなりましたがLINEありがとうございます
今、アシスタントページを文章も含めてどう構成していくか
考えたりしてますが正直すぐ浮かばないしかなりキツイですね。
思い浮かんだことにも自信が持てないしまさに迷走中です。
でも、形にしないことには可否もわからず迷走は続くばかり
どうでもいいやではなく開き直るしかないですね

アシスタントページのことをいうなら
リクルートページを作っていきたいと思っています
ホームページにもそれは記載されてますが
入社してくる子たちは当然アシスタントから始まるのであって
それなら、アシスタントが リクルートページを作っていくべきなのかとも
思っています。
その他にも、自分がアシスタントページで役割として
与えられている「こんな練習してますよ!」のページ
こだわりも含めて細かく伝えていくためにと画像を多用してみようかなとも思っています
例えばシャンプーのことなら指の形を撮ってみたりボディモーションを撮ってみたり、belog chez vousってお店そこに携わるアシスタントより明確に伝えていきたいと思います
こうやって文章にすると自分が思ってること発することができてないと
感じますよね身の丈で喋ること
それに伴う責任は自分自身でとっていきたいと思います
ありがとうございます!


そしてレスを返したら 続いて↓

リクルートのことは見る側の目線になって考えてみました
募集してやってくる子はアシスタントからスタート
なら、会社が打ち出してる記事より同じ立場の人間から発したほうがより現実味があるのではないかと思います
入社するお店を探していたときそうやって募集してるとこはなかったように思います
今も継続されている口コミ文化
考えてみるとお店を探してる人が実際にお店を利用した人の意見を聞きたい
そこから始まってると思いますし それが本音ですよね
だからこそアシスタントがアシスタントを募集してるってこともありかなと
思いました

誰かが発して伝わってることも違う人に聞いてみれば伝わっていない
逆に考えてみるとかならず誰かに届くはずということですよね

いかに多くの人に届けられる言葉を発していくことはとても大事なことであり
それを今、学んでいることは現実ではあります
ですが、今も喜早さんが新しいものを作っていただいています
これは言葉を変えてみてまた届けたいってことが始まりのはずです
復唱になりますが同じ目線になって自分たちの言葉で伝えていきたい
これは背伸びしてでもなく僕の等身大の思いです
技術のことは細分化して、画像に残していくことでそれは不特定多数の方に
伝わるいうこと
感心する人もいればただただ技術を盗んでいく人
諸刃の刃とはこのようなことでそれは考えないといけないと思いますが
どの意見に対してもそれは付きまとうものでそれも開き直りが必要なのではと思います

いかがでしょうか??



かなり真剣!!!

率直に、うちのスタッフはすごいなと思います。

キツイけどチャレンジしてくれる!

ここですよね。

当たりかはずれかはどうでもいいんですよね
とにかく、突き抜けていけば突き抜けていきますし。

そういう意味では、今回の個人メディアはすごく成長の兆しになると思っています。

自作の意味が実りそうです。

当然、外部に頼む方が楽です。
僕はもはやサクサクですが、初心者はそうもいきません。
そこはサポートしながらなんですがね。
サクサクになったら強い!!
というか、記事を書くだけなんですがね。

ホームページとは自分で作るお家なんだぞ!!
そこにどんな家具を置くとか、間取りを決めたり、思いを込めたり
そして、どんな方に来ていただきたいのか?
どんな環境を作っていきたいのか?

それってマイホームと同じなんだよ!

だから、大変だろうけど、やっていれば余裕で慣れてしまうから
がんばって覚えなさい!!


てゆーか、
日々、もっともっともっと!!何かしらのドラマがあるってことに目を向けなさい!


と話しました。

みんな、テンションだけは上がったみたいです!!

もはや、自分のブランド作りではないのです。
そんな重い物でもなく軽いものではありません。

言葉をもって生まれたからこそ、その人生を
何かの形で伝記にしていく気持ちですね。

スタイル写真にしても、表現にしても
過去の産物を残せる場所なんですよね。
「日々を見つめるきっかけ」これです。

もちろん、他社のブログでもそれは可能ですが……
表現の幅は限られます。他との差異が無いからマンネリします。
そして、WEB業者にお願いするにはお金がかかりすぎます!! アシスタントに制作依頼出せるお金はないですしね。。。

だから僕が勉強し、自分の表現したいなりの「マイホーム」を持たせてあげる。
子供たちに家を持たせるのと同じ感覚でしょうか?
しかし、建てるのは本人です。

子供たちが、現場でもWEBでも、「伝える力」を駆使し
皆様から「ファン」のお気持ちをいただける事を夢見ています!


―これからの活動―

日々美容の練習以外で
毎週、何かしらの(カメラや運動、バンドなど)部活を行っている僕たちですが
週1日を「伝記づくりの日」にしたいと思います!

う〜〜ん
数年後に育っているのは間違いなし!!

いいじゃないか!!!こうご期待!!


PS
アシスタントは 自分達の思うがままのペースで書き進めていきます!

温かく見守ってあげてください!



 

LINE@もぜひご登録を!
 'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
 
アメブロも日々更新中! 
 




 








   
   






















ー プロフィール ー

1977年生まれ 喜早 純也 belog chez vous代表。
2008年よりbelog を設立。2013年にはbelog chez vousの名で拡張リニューアル。
代官山・恵比寿においてトップサロンとして牽引中。
撮影からサロンプロデュース、シャンプー&トリートメント製作、へカタログ出版、教育、美容師としてもコンテストなど数々の名誉を受賞し、あらゆるジャンルをマルチにこなす。サロンホームページ、こちらのホームページもすべて自己プロデュースで製作。 
自分の声と自作のみで表現することに徹底し、お客様に「正直な生の声」として信頼をいただけることに努力しています。
技術では一人一人の髪質や骨格、ライフスタイルに合わせた独自のオートクチュールカットで、出会えた全てのお客様に満足と発見をお約束するスペシャルスタイリストです。





SALON imformation

■年中無休■

 火曜〜金曜日 12:00〜22:00 (最終受付20:30)
 土・日曜日  10:00〜21:00 (最終受付19:30)
 月曜日・祝日 11:00〜17:30 (最終受付16:30))
 ※喜早の休みは基本的に水曜日となっております。

 サロンホームページ
 PCサイト
 プライス&アクセス
 スタッフ&ブログ
 

 TEL.03-5794-8072
 〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-16-12
 ABC.MAMIES 5F
 mail@hair-belog.com